園のこだわり

水晶婚 1

2015年11月12日

少し前、お寺で結婚式が行われました。お寺で結婚式?と思われるかもしれませんが、最近は増えてきています。わたしもお手伝いすることがあるのですが、最近特徴的なのは、外国の方が多いということです。新郎新婦のどちらかが外国の方という場合もありますが、お二人とも外国の方という場合もあります。最近お手伝いした結婚式では新郎新婦とも日本人というのはほとんどなく、外国の方が多いのでした。

先日行ったのは、正確には結婚式ではなく、水晶婚式でした。結婚記念日で1周年の紙婚式、2周年の綿婚式、3周年の皮婚式から、はじまって、25周年の銀婚式、50周年の金婚式、そしてさらに・・・とある結婚記念日の中の15年目に行う水晶婚のお祝いの式典でした。

フランス人のご夫婦で、是非とも水晶婚の式典を鞍馬で行いたい。とわざわざ来日されたのでした。しかも、ご両親や、知人友人の皆様も参列されたのです。フランスの方も日本の方もいらっしゃいましたが、総勢50名ちかい皆様が参列されたのには、正直言って驚きました。

欧米の方々は、私たちが考える以上に結婚記念日を大切にされるのでしょう。それは大切なことだと思います。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます