園のこだわり

わらい 2

2015年11月11日

笑うことで、免疫を司るNK細胞が活性化し、免疫力が上がる。病気になりにくく、健康で過ごせる率があがる。まさに、「笑う門には福来たる!」は、医学的にも証明されているのですね。

ラジオのパーソナリティはこんなことも言っていました。実際にゲラゲラ、ガハハ、と笑うことで、免疫力が上がることは先の実験でわかりましたが、作り笑いでも、NK細胞が活性化することもわかっているそうです。

また、笑う表情をすると、顔の表情筋が笑ったときのように動き、脳はそれを検知して、笑っているのだから楽しいことをしているのだな、と検知してハッピーにしてくれるのだそうです。

そんなことから、楽しくないときでも、笑顔を作ると本当に楽しくなってくるのだそうです。

気持ちが沈みそうなとき、ついイライラしそうなとき、意識して笑顔になって見たいと思います。もちろん、自分自身もハッピーになれたら良いし、しかめっ面してるより笑顔でいる方が、周りの人を不愉快ではなく、ハッピーを差し上げられますものね。

「何があっても笑っちゃう」って感じで、いつも笑っていられると良いですね。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます