園のこだわり

寒い朝

2013年2月17日

今朝はとっても冷え込みました。気温は氷点下5度。天気予報が冷え込むといっていたので、大雪かなと思っていたのですが、積雪量はそれほどでもありません。ただしうっすらと積もった雪のしたはしっかりと凍結していました。積雪量がそれほどでもないので、雪かきは必要ないかと思っていたのですが、お寺の職員さんが朝早くから雪かきをしてくださっていたので、私も手伝うことにしました。お寺の職員さんは雪が降ると、暗いうちから雪かきをしてくださっているので、子どもたちの登園時間には、子どもたちも、車で送ってこられる保護者も安心です。ありがたいことです。

今日は日曜なので、園はお休みですが、少し時間があったので薄く積もった雪を箒で掃くことにしました。雪を掃くと氷が顔を出すので、かえって危ないかなと思いつつも、太陽が出たときに色い雪がない方が、融けやすいだろうとおもって、掃いてみました。手足はとても冷たいのですが、しばらくすると汗ばむくらいになってきてとても気持ちが良いものです。

ふと顔を上げると、山の端から太陽が昇ってきて金色の光で辺りが満たされています。すると、あちこちで木の枝に積もった雪がさらさらと落ち始めます。細かな雪の粒が朝日にきらきらと輝きながら、ゆっくりと下りてゆく姿はとても美しく、しばらく見とれてしまいました。気温は低いのに、日の光の暖かさと枝から落ちる雪に改めて驚きました。

自然の姿は、ひとときとして同じではなく本当に美しいものです。もちろん美しいだけではなく、どうしようもなく厳しいこともあります。その両方を知ったうえで、もう少し私たちの生活が自然に近づくと良いのかもしれません。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます