園のこだわり

さくら

2013年3月31日

ずいぶん暖かくなってきました。4日ほど前に東京に行ったら、桜がとても美しく咲いていました。京都の市内も八分咲きといったところでしょうか。鞍馬はさすがに遅くて、ソメイヨシノはつぼみが膨らんで、「早く暖かくなってよ」と咲くのを待っているかのようです。待ちきれなくなった花が何輪か開き始めています。このあいだまで咲いていなかった山桜の花が一気に三分咲きくらいになっていて驚きました。はなまつりのころには満開かもしれません。桜の花はその淡い色と小さな花がたくさん集まっている姿がどこか優しい気持ちにさせてくれます。朝早い時間にはたくさんの小鳥たちが、桜の枝で囀っていました。今にも咲きそうなつぼみたちに、「早く咲いてね」と歌いかけているようでした。

明日から4月です。平成24年度がおわり、いよいよ新しい年度がはじまります。今年度は、チーム保育を目標に取り組んできましたが、順風満帆だったわけではありません。うまく行かなくて心が折れそうになったこともたくさんありました。新しいチームになるためには今までのチームを一度解散する必要があるのかもしれませんし、新しく何かを創造するためには、そぎ落とさなくてはならないものもたくさんあったのだと思います。今年度はそんなリセットの年だったのかもしれません。

職員がひとり卒業してゆきました。若いながらも、ものごとをしっかりと見つめ深く考えて実践できる保育士だったので、とても残念なのですが、自分の夢を追うために巣立ってゆきました。当園がみんなのいのち輝くことを目指すのであれば、夢に向かって輝こうとしている彼女を引き留めることはできません。
職員たちが送別会を企画してくれて、みんなで送りました。会が終わって外に出ると冷たい風が火照った頬に気持ちよく、鴨川沿いの夜桜の美しさが、少し寂しく感じられました。夢に向かってしっかりと歩んでくれることを祈りました。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます