園のこだわり

弱点克服?

2013年3月30日

何かが良くなるためには、「良くないところを直す」ことと「良いことを更に伸ばす」という方法があります。それなのに、ついつい自分のできないところばかりに注目して、弱点を克服しようという方にウエイトをおいてしまいがちです。できないことをできるように努力することも必要ですが、「これをやらなきゃ!」「頑張らなくては!」ということばかりでは、楽しくなくなってしまいます。辛いことでも我を忘れて取り組むことができる。その原動力になるのは辛いことも楽しめるようになることだと思います。

そういうと、やりたくないことから逃げているように誤解されてしまいそうですが、そうではありません。どんなことでも目標に近づこうと思ったら、辛いけれどもやらなくてはならないことの方がずっと多いのです。

弱点を克服することばかりではなく、良いところを伸ばすことにもっとウエイトを置いていった方が「楽しい」ですし、その「楽しい」をやってゆくことが余裕につながり、「もっと挑戦しよう」につながり、結果的に良くないところがそのままで良いことになるのではないでしょうか。

私の中では、良くないところを直すというのは、どこか機械を直すというイメージがありります。良いところも、良くないところもあって丸ごとで生きている生き物としての人間は、良いところを伸ばすことに力を注いだ方が良いように思います。

ひとり一人顔が違うように、それぞれ得手不得手があります。自分にしかできない何かで誰かのお役に立つことを考える方が自然なような気がします。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます