園のこだわり

初活け

2013年1月26日

今朝の気温は氷点下4度。寒中らしい冷え込みになりました。天気予報ではしきりに大雪の情報が流れています。1月26日の朝はかなりの積雪だろうと覚悟して、いつもより早めに起きてみたら、雪は全く積もっていませんでした。そのかわり、朝から冷たい風が強く吹いています。雪はもう少し後なのかもしれないと思って、雪かきをせずにすんだ時間に少し仕事ができました。ありがたいことです。

日中も気温が低いうえに、ピューピューと音を立てて強い風が吹いています。夕方、職員会議を終えて外に出てみると向かいの山を白くかすませて雪が飛んでいます。みるみるうちにうっすら積もりました。明日の朝こそ雪かきかと覚悟しましたが、夜には雪の降り方は弱くなりました。

それにしても、今年は例年に比べて今のところかなり雪が少なめです。もうすぐ立春ですが、2月は寒い月でもあります。まだまだ大雪の可能性は残っています。

1月もあっという間に終わってしまいそうです。お正月にはじまり、いろいろな行事が目白押しでした。チャレンジ体験も無事に終わり、ホッとしている暇もなく節分や作品展がやってきます。

1月の恒例の行事として、華道の初活けに参加しました。初活けは先生が皆の前で華を活けてくださいました。華材はケイオウザクラ、スカシユリ、アケボノツバキで、華が入ると部屋中が一気に春らしく明るくなりました。活け終わったお花を眺めながら、今年もお稽古に精進しましょうとみんな揃ってお屠蘇でお祝いをしました。お稽古をサボりがちな私は、ちょっと小さくなってしまいましたが・・・

短い時間でしたが、楽しいひとときでした。せっかくお稽古をしているのだから、何とか園の環境作りに活かしたいと思います。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます