園のこだわり

ミニ発表会

2012年12月11日

土曜日に生活発表会が無事に終わって、職員のみんなは、ホッとしたと同時に充実感を感じています。子どもたちはといえば、多くの子が発表会をとても楽しんでいたようです。

発表会の後、子どもに「楽しかったね!」と話しかけたら、「月曜日もまた本番やで!楽しみやなー!」と答えてくれました。そういえば週明けには、地域の皆さんをお招きして、子どもたちがミニ発表会を行う予定になっていたのです。たった今、発表会が終わったばかりなのに、もう月曜日のことを楽しみにしている子どもたちの気持ちに少し驚くと同時に、発表することをそれほどまでに楽しみにしていることに心を動かされました。もし、発表会のために子どもが嫌になってしまうような練習をしていたら、こんなに子どもたちが発表すること、表現することを楽しみにはしていなかったと思います。

これは、職員がみんなで話し合って決めた、発表会で大切にすること「子どもたちが楽しむ」「子どもたちが自ら行う気持ちを持つ」「子どもの心の中のイメージを表現する」「普段の姿を発表する」を常に心がけ、それを目指して心を一つにして取り組んだ成果だと思います。

子どもたちはとても柔軟に伸びる力、すごい力をもともと持っているので、環境を整えれば、どんどんその力を発揮してゆきます。保育者がすることは、一人一人の子どもの今をとらえて、どうすれば子どもたちの力が最大限に発揮できる環境を整えられるかを考えて形にすることだと思います。もちろん信頼関係があることが前提ですが、子どもたちをしっかり見て、その子が今を最も良く生きられるよう配慮すること、子どもたちが自ら取り組むことができる環境を整えることが、また信頼関係の構築にもつながるのだと思います。

子どもたちの、発表したい!表現したい!が広がるような環境を整え、働きかけをしたいと思います。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます