園のこだわり

友達と一緒が楽しい

2012年11月15日

最近、園庭で遊んでいる時も〇〇ちゃんは?と友達を探したり、三輪車に乗って遊んでいる時も友達と二台で連なって走り、笑い合ったりしてる姿をよく見かけるようになりました。

それまで、イヤイヤと言っていていた子も友達と一緒に手を繋いでトイレに行けたり、苦手な食べ物も友達が美味そうに食べているのを見て食べてみようとしたりしています。

散歩も、「鯉さんに麩をあげに行こうか」など行く前に伝えることで見通しをもって行動できるようになってきました。行く時も鯉さんのいる池を目指してどんどん歩き、帰ってからも鯉さんの事やいつもカニさんがいる場所にカニがいなかったことも「カニさんいなかったな」など、散歩での出来事を話したりしています。

おもちゃの取り合いでトラブルにもなりますが、それぞれの子どもの気持ちを大人が言葉にする事で順番が少し待てたり、自分でも「かして〜」と言う事で、意外にすんなり貸してもらえたりすることを知り「〇〇ちゃん貸してくれたと」嬉しそうにしています。貸した子も、その瞬間から一緒に笑顔で遊んでたりする場面も増えてきています。

友達と一緒が楽しくなってきているのですね。

ごっこのやりとりも楽しくなってきているので、次はその事について、書きたいと、思います。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます