園のこだわり

秋の遠足

2012年10月31日

この日は、秋晴れの散歩日和でした。すみれぐみ(1歳児)の5人と、れんげぐみのAちゃんは、お山の公園と川原まで、お散歩に出かけました。朝から、すごく楽しみにしていてリュックを離さない子もいました。お弁当だけは、園において水筒をリュックに入れていざ出発です。友達と手を繋いで歩くことも出来るようになって、それぞれ顔を見合わせてニッコリ微笑みながら繋いでました。神社で手を合わせた後は公園で、滑り台やブランコを順番に楽しんでました。

神社の階段を下りる時、B君が一人立ち止まっていると「B君おいで〜」と呼んでいたのはCちゃん。他の子も下りてくるのをずっと待ってくれてました。それから川原まで出かけました。ススキの綿帽子をフーとしたり、ユラユラ揺らすと喜んでいたのはAちゃん。

絵本のお話にある大きなかぶごっこも好きで、この日は順番につらなって、ススキをうんとこしょ〜どっこいしょ〜で引っ張って、それでもススキは抜けませんと、盛り上がってました。移動する時、友達のリュックを集めて渡していたのはB君。渡されたDちゃんも嬉しそうでB君の頭をなでなでする姿もありました。

川では、木の棒をたらして釣りしたり、葉っぱの舟や小石をポーンと投げてみたり…カニとの出会いにじっと興味をもって最後まで見ていたのはE君。手でチョンと触ったり、ハサミのところに葉っぱを持たせてみたりしてました。皆、そろそろ帰ろうか〜と言っても、まだまだ遊んでたい様子でしたが、お弁当を食べに帰ろうかと言うと、そこからは帰る足取りも軽かったです。

いよいよ楽しみにしていたお弁当タイムに皆大満足のようで、モリモリ食べてました。余程、今日は楽しかったみたいで、次の日も、お弁当袋をさげて帽子かぶって、遠足ごっこ楽しんでいる姿がありました。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます