園のこだわり
2016年5月4日

お膳でいただく昼食は子どもたちにとっては非日常です。少し緊張しながらも、楽しんで食事をしている子が多いように思います。

今回は、ちょっと変わったメニューが登場していました。きゅうりとツナとのりを春巻きの皮で包んで焼いた春巻きです。材料を聞いたときに、暖かくやわらかいきゅうりが想像できなかったのですが、検食でいただいてみると、なかなかおいしいのです。調味料はほとんど使っていない、と調理担当の先生は言っていました。ツナの味とのりの香りで十分においしいのです。

そういえば、調味料もできるだけ少ない量で済むように工夫していると聞いたことがあります。調味料はどうしても味をつけることを目的に使いがちですが、素材の味を引き出すために、風味や香り付けにほんの少しだけ使うようにしているそうです。ですから、圓の食事を食べると一口目は味が薄すぎるように思うのですが、よく味わってみると、出汁と、それぞれの食材の持つ味がうまくバランスしているのがわかるのです。

ついつい、味付けしようと調味料を使いがちですが、素材の持つ味を引き出すことを大切にした方が、本当のおいしさを味わえるのでしょう。

それぞれの持ち味を引き出すこと、やはり、それが大切なのですね。

2016年5月3日

手間暇かけて、心を込めて作る食事は、ホントにおいしくなります。丁寧に素材を扱って、素材の持つ味を最大限に引き出すことができるよう、調理の先生たちは気を配っているそうです。野菜の炊き合わせにしても、にんじんはにんじんの、じゃがいもにはじゃがいものそれぞれの持ち味があります。その持ち味を最大限に活かすには、何から先に鍋に入れるのか、どのくらいの時間加熱するのか、様々な条件があります。同じにんじんでも、全部のにんじんが同じではありません。食材一つ一つに気持ちを運んで、そうすれば、その食材が生きるのかを考えるのだと言います。また、単独ではなくじゃがいもとにんじんを一緒に炊くことでお互いに味を補い合うようにしたいとも言っていました。
保育と同じです。ひとりひとりの子どもの良いところを引き出すためにはどうすれば良いのか、考え実践してゆくということですね。そして、子どもどうしの関係性の中で、お互いが刺激しあって学び合いそだち合うそれがステキなんでしょうね。
食材と、子どもを比べるのはよろしくないかもしれませんが、それぞれの持ち味を引き出すという意味では、共通するものがあると感じました。
みんなが、イキイキできる環境を整えると言うことなんですね。

2016年5月2日

5月5日の端午の節句を前に、圓では端午の節句のお祝いをしました。
午前中は、園庭に折り紙でこいのぼりを作る。新聞紙で兜をつくる。魚釣り、ボウリングと様々なあそびのゾーンが登場し、みんな思い思いに好きなゾーンに行って遊びます。自分で選んだ遊びにはみんなとても集中して取り組んでいました。
そんな、楽しい時間の後には、楽しい昼食が待っています。

以前も紹介しましたが、端午の節句や、七夕、七五三、ひなまつりなどには、子どもたちが銘々にお膳を使っておひるごはんをいただきます。この日も調理担当の先生たちはずいぶん朝早くから出勤して、準備をしていました。ずいぶん早く出勤したんですね。と声を掛けると、今日は品数が多いので時間がかかるかもしれない、だから、慌ててバタバタしながらつくるのはいやなので、早く出勤したと答えてくれました。落ち着いた気持ちで丁寧に作らないと、それが味に出てしまうのだそうです。だから余裕を持って調理できるように、早く出勤したのだと教えてくれました。
確かにそうだと思います。特に食べるものには作った人の気持ちが表れるかもしれません。この日のメニューは、

・筍ごはん
・春巻き
・春野菜の炊き合わせ
・和風サラダ
・花麩のおつゆ

でしたが、筍ごはんと野菜の炊き合わせ、そして花麩のおつゆの出汁は全て別にとったそうです。鰹の種類はもちろん、昆布の量も変えたと言っていました。
何事も気持ちを整えて取り組む事って大切ですね。

20160502_お膳を使っていただく昼食 1

2016年4月18日

時が経つにつれ、熊本県熊本地方を中心とした地震被害の大きさが明らかになってきます。地震の起こった熊本をはじめ九州には、知り合いの幼稚園さん保育園さんもあります。知り合いの保育園、幼稚園さんには大きな被害はなかったようですが、園児さんやご家族の安否確認、散らかったものの片付けなど、とても大変なようです。なんのお手伝いもすることができないことが、申し訳ないのですが、今の私にはどうしようもなく、ただただ皆様のご無事と、1日も早い保育の再開をお祈りするしかありません。園長先生ご自身も大変なのに、子どもたちのため、保護者のために、一所懸命になっていらっしゃる様子に心より敬意を払います。くれぐれもお身体をお大事になさっていただきたいと思います。

2016年4月17日

熊本や大分で地震の被害が広がっています。4月14日(木)夜、熊本県熊本地方で、震度7の強い地震がありました。情報が増えるにつれ、被害の大きさが明らかになってきます。被災された方々のお気持ちはいかばかりかとお見舞い申し上げます。

保育園や幼稚園なども被災されていることでしょう。地震は夜に起こったので、子どもたちが園にいたところは、ほとんどなかったと思います。昼間の園児がいる時間帯に揺れていたら、もっと大変だったのだろうと思います。被害の詳細はわかりませんが、避難していらっしゃる方も不自由な生活を強いられていらっしゃるのだと思います。少しでも早くいろいろなことが良くなることを祈るばかりです。東日本大震災から5年目にして、また、このような大きな地震が起こり、多くの方が被災されるのは、やりきれない気持ちでいっぱいです。

それなのに1日過ぎた16日未明に震度6ほどの揺れが、何度も被災地を襲ったそうです。一度大きな地震がきたら、後は収束に向かうと思い込んでいた自分の無知を知りました。こちらの方が本震なのだそうです。一度でも大変なのに、2度も3度も、何度も何度も、強い地震に襲われるなんて、被災地の皆様はどんなに怖い思いをされたのでしょう。全く想像がつきません。

小さな子どもたちや、高齢者の方々、その他の皆さんの不安と、避難生活の過酷さはいかばかりでしょう。どうか、この過酷な状況が、1日でも早く、少しでも和らぐことを祈ります。

2016年4月16日

向かいの山に目をやると、常緑樹の緑のなかにちらほらと、さくらかなにかの白い花が見えました。雲珠桜(うずざくら)というのはこういう景色のことをいうのだろうな。と思いました。雲珠桜とは常緑の緑の中、白やピンクのさくらの花が点々と咲く様子が、馬具の飾りの「雲珠」に似ているから、そう呼ばれるといわれています。また鞍馬山に咲く桜の総称ともいわれます。

藤原定頼は「これやこの音にききつる雲珠桜 鞍馬の山に咲けるなるべし」と詠ん出いますし、謡曲『鞍馬天狗』には「花咲かば。告げんといひし山里の。告げんといひし山里の。使は来たり馬に鞍。鞍馬の山の雲珠桜。」の詞もあります。

昔の人が見ていたかもしれない。それに近そうな景色を見ているかもしれないと思うと、何だか不思議な気がします。

20160415_雲珠桜

2016年4月15日

鞍馬の山を美しく彩っていた染井吉野の桜も、その花びらで地面を彩ってくれています。風が強かった日のことです。桜の花びらが一斉に風に舞い上がり、真っ青な蒼空に描いたような花吹雪がとても美しく、極楽浄土はこんなだろうかと思ってしま鵜ほどでした。ちょっと大げさですね。
そして出番を待っていた八重桜が花を咲かせ始めました。様々な種類の八重桜があり、こちらもそれぞれに美しさを見せてくれることでしょう。

20150415_移ろう季節3

20160415_移ろう季節2

20160415_移ろう季節1

2016年4月14日

季節が進み、自然の姿も日に日に変化しています。お寺の多宝塔という場所がありますが、そこは、お堂の両脇に大きな枝垂れ桜があって、美しく咲いています。今はケーブルカーが運休しているので、多宝塔にお参りする人は少ないと思いますが、さくらはそんなことには関係なく、美しく咲いています。あたりまえですね。人に見られようが見られまいが、精一杯に自分のいのちを生きています。それが自然な姿ですね。人はどうしても、誰かによく見られたいとか、良い評価をして欲しいとか思いがちです。自然に素直に振る舞えると良いのですが・・・

20160414_枝垂れ桜1

20160414_枝垂れ桜2

20160414_枝垂れ桜3

2016年4月13日

少し前のことになりますが、入園式の日の早朝のことです。
朝6時前に、たまった仕事を片付けようと園に行くと、園の前にいらっしゃる童形六體地蔵尊の前に人影が見えます。早朝からお寺に参拝される方も多いので、お参りの方だなと思って近づくと、お地蔵さまに花を供えてくださっていました。その方はもう何年も毎朝、毎朝、雨の日も風の日も雪の日も、1日も欠かすことなくお参りされている方です。「おはようございます。美しいお花を供えてくださってありがとうございます。」と挨拶すると、「今日は保育園の入園式だと聞いたので、家で育てているチューリップを持って来ました。」と仰います。お家で大切に育てていらっしゃる花を、園の入園式だからとお持ちくださって、お地蔵さまに供えてくださる。そのお気持ちを知って、とてもうれしく、ありがたいことだと感じました。入園式だから、新入園児さんも保護者も喜んでくださると良いな。という思いでお花を供えてくださったのでしょう。そうして、誰かが喜ぶことを自分の喜びに感じて、人知れずお地蔵さまに花をお供えする。なかなかできる事ではありませんね。
気づかないところで、大勢の方々に支えられている。ありがたいことです。

20160413_お地蔵さまのお供え

2016年4月12日

さくらが満開を過ぎ、お寺の本殿前では風が吹くと花びらが一斉に舞います。その美しさには言葉を奪われます。そんな美しさのなか、千本ゑんま堂大念佛狂言が奉納されていました。大勢の観客が見守る中、狂言が進んでゆきます。3番が演じられました。「でんでん虫」「伯母ヶ酒」「二人大名」という楽しく笑える演目が上演されました。演目の内容に興味のある方は、千本ゑんま堂大念佛狂言保存会のホームページ(http://www.geocities.jp/e_kyogen/enmoku.html)で解説されているので、ご覧ください。

「でんでん虫」を見ていて、演者の動きが大きいというか、激しいというか、滑って転んでしまわれないかと余計な心配をしてしまいました。あとで聞いたのですが、「でんでん虫」演じたのは、保存会に所属する中学生だったそうです。若い方々が伝統を受け継いでゆこうとがんばっていらっしゃる姿は頼もしいですね。

千本ゑんま堂大念佛狂言保存会では毎年5月の始めに本公演を行っていらっしゃいます。今年は5月1日から4日までだそうです。この期間中に20番を超える演目を演じられると聞きました。さぞかし多くの方が演じられるのだろうと思っていましたが、演者は25名で、一人でいくつも役をこなすのだと、スタッフの方から教えていただきました。

会員の皆さんは、お仕事や学校など本業の傍ら、保存会に加入して狂言の練習を積んでいらっしゃるのです。本公演前は、ほぼ毎日のように練習をすると仰っていたように思います。なかなかできる事ではありませんね。
本公演の成功と特に若い皆さんのご活躍をお祈りします。

20160412_千本ゑんま堂大念佛狂言2

20160412_千本ゑんま堂大念佛狂言