園のこだわり

雪遊び

2012年2月18日

ついに雪が降って積もりました。昨夜11時近くになってから降り出して、みるみるうちに積もりました。今朝はもっとたくさん積もっているかと思ったのですが、測ってみると20センチでした。今冬初めての本格的な雪です。
しかし、1月末から2月始めにかけてのような寒さはありません。このあたりでは、寒すぎると雪は降らないといわれています。

木々の枝は雪の花が咲いたようになって青空に映えています。朝から雪かきで一汗かきました。指先がとても冷たくなりますが、終わったとはとてもさわやかな気分になります。雪かきは大変ですが、雪は好きです。雪に被われると、世界がちがって見えるからです。

園に行くと、子どもたちは早々と園庭で雪遊びを始めていました。雪合戦をしている子、雪の上を走り回っている子、それぞれに初めての雪を堪能しています。

大きなたらいに雪をたくさん詰めている子どもたちがいました。何をしているのと聞いても教えてくれません。しばらくすると、保育士が試験管とジュースを持って来ました。前にも紹介しましたが、

ジュースの入った試験管を雪のなかに

雪を使ってアイスキャンディーを作ろうとしているのです。5歳児は以前作ったことがあるので、何が起こるか知っているのですが、他の子には「どうなるかお楽しみ」になっていたようです。保育士は、子どもたちにどうなるか考えてもらおうと思って、いろいろと質問をしていました。
冷たくなるという子、なぜか暖かくなるという子、そして、おいしくなるという子もいました。おもしろいですね。

昼食後、できあがったアイスキャンディーをみんなで食べました。中身はいつも飲んでいるリンゴジュースですが、

   アイスキャンディーできあがり

雪を使ってみんなで作ったアイスキャンディーの味は格別だったようで、みんな目をキラキラさせて、おいしそうに食べていました。

     いただきまーす

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます