園のこだわり

ゆりぐみさん(5歳児)ありがとう

2012年3月12日

ゆりぐみさんの卒園まで、後わすがになりました。あんなに小さかった皆も4月からは、もう一年生になるんですね。最近では、電車ぐみの時も乳児ぐみの荷物を進んで「持ってあげよか」と持ってくれたり、車道では何も言わなくも自分が車道側になって、手をつないで歩いてる姿があり、自然とそういう事ができる子に育ってくれて嬉しいなぁ〜と思います。

赤ちゃん当番や合同保育の時にも優しく見てくれて、小さい子もほとんど人見知りしなくなり大好きになりました。そんな、ゆりぐみさんとさくらぐみ(2歳児)が一緒に遊ぶ時間をもちました。フルーツバスケットゲームでは、ゆりぐみさんと、さくらぐみペアになってしましたが、何のフルーツか決める時も耳元で、ゆりぐみさんが「何にする?」と、ささやくように話しかけたり、手をつないで優しく誘導してくれて、さくらぐみも本当に嬉しそうにしてました。

むっくりくまさんでは、ゆりぐみさんが全員、くまになって、さくらぐみが鬼になって追いかけたりもしましたが、なかなかつかまらなくても、さくらぐみも、ずっと頑張って追いかけてる姿がありました。終わってからも「楽しかった〜」と言う声が両方から聞こえてきました。ゆりぐみさんからしてもらった事は、きっと今のさくらぐみにも、つながっていくと思います。ゆりぐみさん、本当にありがとう

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます