園のこだわり

「ありがとう」

2013年11月29日

給食の時間が終わり、空の食器がたくさん番重に乗せられています。その重い番重を先生方が給食室まで運んで来てくれます。

今日もいつもの様に先生が運んでくれていたのですが、ランチルームの扉が閉まっています。

あっ!と思った瞬間、扉が開きました。

なんと3歳児さんの男の子がそーっと開けてくれていました。

重い番重を持っていた先生も「ありがとう。すごく助かった。」と感謝していました。

その光景を見ていてすごく嬉しい気持ちになりました。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます