園のこだわり

大きなかぶごっこを通して

2012年12月13日

大きなかぶの話は、乳児クラスの子も大好きで、読んで〜と持ってきたり、手にとって、よく見たりしていました。

夏には、すみれぐみ(1歳児)が育てきた、きゅうりの苗を、うんとこしょ〜どっこいしょ〜引っ張り、また秋には、散歩先でみつけたすすきを大きなかぶに見立てて、大きなかぶごっこを楽しんできました。

ごっこを楽しんでいるうちに、「〇〇ちゃん〜」「タンポポぐみちゃん〜」と順番に仲間を呼んできて、一緒に引っ張る事が楽しくなり、皆で抜けた時は、やった〜と、大喜びでした。

生活発表会の当日、幕が開いた時は、一瞬緊張した子ども達でしたが、ごっこが始まると自然とごっこの世界に入り、やりとりも出てきて本番も楽しめたので良かったです。生活発表会後もごっこ遊びを更に深め、楽しんでいきたいと思っています。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます