園のこだわり

きんかん

2020年2月19日

保育園の畑にきんかんの木があり、今年もたくさんの実をつけました。子どもたちは大喜びで、「きんかん食べたい!」とすぐに集まってきます。
今年は先生たちが美味しく食べられるように、ビニールをかぶせて寒さ対策もしてくれたので、大きくて甘い実がたくさんできています!

皮は甘くて中は酸っぱいきんかん。子どもたちはしっかり味を確めながら少しずつかじりながら食べて、種も上手に出しています。「これ埋めたら、出てくるかな?」と園庭や畑に種をまいていますよ。

この時期の香りと味覚を楽しんでいます!