園のこだわり

豆まき

2020年2月8日

2月3日は節分。保育園でも豆まきをしますが、子どもたちはドキドキの日!
そうです!オニさんがくるからです。

何日か前にオニさんからの手紙が届き、「オニさん遊びにくるって~」「友だちとケンカするときもあるわ。」などなど手紙の内容で話は盛り上がります。でも鬼が怖い日だけにはしたくなく、みんなの毎日を振り返りながら、ちょっと自分の中の弱い心と向き合えるような時間になれたらいいなという職員の思いがあります。そんな思いを込めて手紙を書いています。(もちろん子どもたちには保育士が書いてることは内緒ですよ!)そして、いよいよ3日当日。全クラスが2階に集り、豆まきがスタートです。

初めはみんなで豆まきの歌を唄ったあと、年長さんがオニ役になり豆まきごっこです!ここまでは和やかな雰囲気で笑顔の子どもたちです。そして次になぜ豆まきをするのかなどの由来の話を聞いて、いよいよオニさんの登場!手紙の内容をもう一度みんなで読んで、こんな気持ちちょっとない?ある?と話をすると「うん、ある」と素直に言うお友だちも。その気持ちをみんなで豆まきをしてやっつけよう!と合言葉を言ってみることに。

初めはやはりドキドキして小さな声のみんな。でも少しずつ大きくなり、さぁ!オニさんがやってきました!しっかり豆を持って準備していたのに、やはりオニさんを見ると初めは投げることを忘れてしまうお友だちが多かったのでどうなるかなと思いましたが、少し声をかけると「おにはそと!」と元気よく豆をなげているお友だちが多かったです。泣きながらもしっかり投げられたお友だちもいましたよ。最後は年長さんがもう一度合言葉を言ってオニさんはお山に帰っていきました。「怖かった」「怖かったけど泣かなかったよ」「オニさんの藁が落ちてる~」「黒オニさんやったなぁ」などなど終わった後もしばらくはオニさんの話で持ちきりです。

少し頑張ろうと思ったらみんなは何でもできるんだよ。みんなしっかりオニさんと向き合うことができてかっこ良かったよ!