園のこだわり

お地蔵さまのお供え

2016年4月13日

少し前のことになりますが、入園式の日の早朝のことです。
朝6時前に、たまった仕事を片付けようと園に行くと、園の前にいらっしゃる童形六體地蔵尊の前に人影が見えます。早朝からお寺に参拝される方も多いので、お参りの方だなと思って近づくと、お地蔵さまに花を供えてくださっていました。その方はもう何年も毎朝、毎朝、雨の日も風の日も雪の日も、1日も欠かすことなくお参りされている方です。「おはようございます。美しいお花を供えてくださってありがとうございます。」と挨拶すると、「今日は保育園の入園式だと聞いたので、家で育てているチューリップを持って来ました。」と仰います。お家で大切に育てていらっしゃる花を、園の入園式だからとお持ちくださって、お地蔵さまに供えてくださる。そのお気持ちを知って、とてもうれしく、ありがたいことだと感じました。入園式だから、新入園児さんも保護者も喜んでくださると良いな。という思いでお花を供えてくださったのでしょう。そうして、誰かが喜ぶことを自分の喜びに感じて、人知れずお地蔵さまに花をお供えする。なかなかできる事ではありませんね。
気づかないところで、大勢の方々に支えられている。ありがたいことです。

20160413_お地蔵さまのお供え