たのしくいただきます

2018年 6月

2018年6月30日

001(おひるごはん)

・そばめし

・ささみときゅうりの青じそサラダ

・おみそ汁

 

 

*本日はそばめしがとても人気でした。

こちらはごはん、焼きそば麺、ウインナー、キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎ、もやし、ねぎが入った具沢山なそばめしです。

滅多に作らないメニューに子どもたちだけでなく大人も喜んでくれていました。

2018年6月29日

001002

(おひるごはん)
・ふりかけごはん
・春巻き
・サラダ
・スープ

(おやつ)
・おやつぎょうざ
・牛乳

 

*本日は6月生まれのお友だちのお誕生日会でした。

春巻きは毎月、中身を変えてつくっています。

今月はさつま芋、キャベツ、もやし、豚ひき肉を具材にカレー味にしたものを春巻きの皮で包みました。

たくさんの子どもたちがおかわりをしてくれていました。

2018年6月28日

001002

(おひるごはん)
・酢コーンごはん
・竹輪とこんにゃくの磯部炒め
・もやしのサラダ
・けんちん汁

(おやつ)
・ミニピザ

 

*本日は酢コーンごはんがとても人気でした。

このメニューはオリジナルの比率で作った酢飯に、ツナとコーンを混ぜ合わせたものです。

また、竹輪とこんにゃくの磯部炒めは新メニューでした。

たくさんおかわりをしてくれたので、とても嬉しかったです!

2018年6月27日

2018062720280627(おひるごはん)
・ごはん
・なすとトマトのミートグラタン
・コーンサラダ
・スープ

(おやつ)
・お好み焼き
・牛乳

*本日の給食のなすとトマトのミートグラタンは、夏のメニューです。子どもたちは、なすびなので、初めは少し敬遠気味でした。でも、食べてみると美味しかったのか、何回もおかわりをしてくれていました。

2018年6月26日

2018062620180626 (2)(おひるごはん)
・ごはん
・八宝菜
・ひじきのサラダ
・スイカ

(おやつ)
・粉ふき芋

*本日の給食のスイカには、大人も子どもも大喜び。給食室ですいかを切っていると、前を通りがかった子どもたちが「スイカ♪スイカ♪スイカ♪」と大合唱をしていました。

2018年6月25日

015016

(おひるごはん)
・ごはん
・豚の生姜焼き
・小松菜の磯和え
・サイコロ汁

(おやつ)
・クッキー
・牛乳

 

*本日はサイコロ汁がとても人気でした。

こちらはさつま芋、南瓜、豆腐をサイコロ状に切ったのでサイコロ汁という名前になっています。

野菜の甘みが溶け出したやさしい味のするおつゆです。

2018年6月21日

002003

(おひるごはん)
・ごはん
・魚の洋風焼き
・ポテトサラダ
・おろし汁

(おやつ)
・チヂミ
・牛乳

 

*本日は魚の洋風焼きがとても人気でした。

このメニューは鮭に塩とカレー粉をふって焼いたものです。

身がふっくらと仕上がる様に、スチコンの設定温度とスチーム量を工夫しながら焼きました。

2018年6月20日

003001

(おひるごはん)
・中華どんぶり
・中華サラダ
・中華スープ

(おやつ)
・きな粉ポテト
・ヨーグルトドリンク

 

*本日は中華丼がとても人気でした。

このメニューは豚ひき肉、茄子、チンゲン菜、人参、ネギ、生姜を具材に作っています。

子どもたちからあまり人気のない茄子も、このメニューだとたくさん食べてくれます!

2018年6月19日

001002

(おひるごはん)
・ごはん
・なたね焼
・ポパイスープ
・ヨーグルト

(おやつ)
・きつねうどん

 

*本日はなたね焼がとても人気でした。

このなたね焼には油揚げ、たまご、玉ねぎ、人参、ピーマン、もやし、にら、キャベツの8種類の食材が入っています。

2018年6月19日

6月18日(月)午前8時頃に大阪府北部を震源とした地震が発生しました。 被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。

鞍馬でもかなりの揺れが感じられましたが、保育園及びその周辺は、被害はありませんでしたので、6月18日(月)は通常通り保育しました。

その後も、大阪府北部や京都府南部を震源とした地震が頻繁に起こっており、鞍馬でもやや強い揺れを感じることがあります。6月19日(火)午前7時現在、当園では特に異常は見つかっておりませんので、今のところ通常通り保育を行っています。

しかし、今後の状況により、保育を行わないことや、保育の途中でお迎えをお願いすることがあるかもしれませんので、保護者の皆様には、園から連絡が取りやすいようご配慮くださいますようお願い申し上げます。

また、ホームページの「鞍馬山保育園からのお知らせ」を通じて情報を発信しますので、ご覧ください。

地震をはじめ、様々な災害に対して、普段にも増して配慮、警戒するよう心がけます。