たのしくいただきます

2016年 2月

2016年2月28日

スリランカ日本教育文化センター(SNECC)が行う医療サービスを見学してからは、車でSNECCの本部にもどって少し休憩すると、いよいよ今回のスリランカ訪問の最も大切な目的である、SNCC創立30数年記念式典と物故者追悼法要が奉修されました。式場までは、行列を作って進みます。行列には音楽を演奏する人たちや、供華を持った子どもたち、様々な人がいました。その行列に先導されて会場の席につくと、法会が始まりました。

会場となった平和記念堂は、池のまん中に浮かぶように建っています。日も落ちて、まわりを水に囲まれた平和記念堂は、それほど熱くないはずですが、参列しているとじっとしているだけなのに、汗が滝のように流れ落ちます。さすがに赤道直下だと思いました。それでも、前に訪れたときよりは蒸し暑さがましだったように思います。2月は暑さがましだということを聞きました。前に訪れたのは5月で、雨が多く湿度が高く、蒸し暑かったのを覚えています。

長い読経とお説法が終わる頃には、汗だくになっていました。けれども第1部が終わっただけで、そのまま会場を変えて第2部の追悼法要が行われました。こちらも長ーい読経と、押せ法が続きます。スリランカは人たちはみんな敬虔なのでしょう。法会はどれも長いものです。

後で聞いた話しですが、参列した人たちのために、約1000人分の夕食が、お供養として用意されていたそうです。多くの人の喜びのために、様々な努力をしていらっしゃる姿勢に感銘を受けました。

長い法会が終わってホッと一息ついたら、荷物をまとめて空港へ。夜中の1時過ぎにはバンコクへ向かって飛び立ちました。バンコクでの待ち時間は往路より短かく5時間弱、バンコクから関西へは、予定よりも早く着き、私の弾丸ツアーも終了です。

短い訪問でしたが、いろいろなことを学ばせていただいたスリランカへの旅でした。

2016年2月27日

スリランカ日本教育文化センターの医療サービスを見学して、何よりも驚いたのは、診察を受けるために集まったのは1,000人を超える人々だということです。病院の中は診察を待つ人々でごった返していました。受診者は問診のあと、各診療科ごとに診察を受けていました。小児科でもたくさんの子どもたちが診察を受けていました。

眼科の診察の一つとして、視力が低下して眼鏡の必要なひとには、眼鏡を無料で提供しているということを聞いていました。その眼鏡は日本の眼鏡メーカーから提供してもらったもので、1,000個もの眼鏡があるということでした。日本のメーカーの社会貢献活動を、スリランカで困っている人々に届ける役割を、スリランカ日本教育文化センター(SNECC)が担っているのです。ここでもご縁つなぎが行われていました。誰かの役に立ちたいという人の善意を、困っている人々に届けることで、双方の喜びになる。みんながハッピーになれるのです。

提供されている眼鏡を実際に見せてもらったら、一つ一つ袋に入っていて、左右のレンズに数字を書いた紙が貼り付けてありました。オーダーメイドではないので、患者さんの視力にぴったりと合わせるのは難しいでしょうけれど、できるだけ視力にあったものを提供しようという配慮なのかと思いました。

見学していたら、初老の女性が私の袖を引っ張って何かを訴えてきました。シンハラ語は全くわからないので、近くにいたSNECCのスタッフに何を言っているのかと尋ねたら、「眼鏡をください」と言っているとのことでした。それほど眼鏡を切望している人たちがいるということなのです。しかし、私には、「ごめんなさい。私には何もできませんが、あなたの目に合った眼鏡が見つかるといいですね。」とことばをかけることしかできませんでした。あの女性は眼鏡をもらうことができたのでしょうか。

2016年2月27日

20160227  (おひるごはん)
  ・中華風あんかけうどん
  ・白菜サラダ
  ・バナナ

 

 

 

*本日は久しぶりの中華風あんかけうどんでした。

白菜サラダには白菜の他にじゃがいも、キャベツ、人参を使用しました。

 

2016年2月26日

駆け足で訪れたスリランカでしたが、様々な体験をさせていただきました。
前にも紹介しましたが、スリランカ日本文化センター(SNECC)では医療サービスという活動も行っています。ボランティアの医師が地方の村を訪れて、無料で診察を行うサービスです。今回、ミーガハテンネという村で行われた医療サービスを見学させていただく機会を得ました。コロンボから車で2時間近くかかるミーガハテンネ村に16名ものお医者様が自費でやってきて、村の病院で診察を行っていらっしゃいました。お医者様の中には、医師会の重鎮もいらっしゃいましたし、SNECCの里親制度による奨学金を受けて学び、医師になったという若いお医者様もいらっしゃいました。「子どもたちの育ちのために」「子どもたちが学べるように」という目的で、日本で里親を探してご縁つなぎをするというSNECCの活動が実を結び、奨学金で学び育った子どもが医師という職業に就き、多くの人々のために働いて、社会に貢献しているという事実を目の当たりにして、子どもをしっかりと育てることの大切さをもう一度思い直しました。ひとりひとりの子どもがしっかりと育つことによって、その子が成人してから多くの人々のために働き、社会に貢献する。そのことで、社会が良くなってゆく。子どもを育てることはまさに未来を作ることなのです。
わかっているはずことなのですが、日常に流されると、ついつい目の前のことばかりを見てしまい、遠くにある目的を見る事が少なくなってしまいがちです。常に理念を見据えて実践を積み重ねたいものです。

2016年2月26日

2016022620160226 (2)

  (おひるごはん)
  ・まきまきごはん
  ・ナゲット
  ・野菜のゼリー寄せ
  ・とろろ昆布のおつゆ

  (おやつ)
  ・バースデーケーキ

 

*本日は2月生まれの子どもたちのお誕生日会でした。

まきまきごはんの中身はチキンライスです。とても好評でした

バースデーケーキは30分蒸した後に20分ほど焼いて仕上げました。

ふわふわの仕上がりになりました!

2016年2月25日

スリランカの得度式に初めて参列させていただきました。あどけなさいっぱいの11歳の少年の得度式でした。式典はシンハラ語ですすむので、なにが行われていつのかはよくわかりませんが、仏法僧の三宝に帰依するなど、少しはわかるところもありました。式がすすむにつれて、何が行われているのか少し想像がつくようになると気になり出したのが、得度する少年のすぐ後ろに坐っていらした女性2人です。1人は中年、もうひとりは年配の女性です。気になったのは、とても複雑な表情をされていたからです。年配の女性は、時折ハンカチで目を押さえていらっしゃることもありました。なぜだろうと考えていて、ふと思ったのが、この2人の女性は得度する少年の母親と祖母なのではないかということです。息子や孫が得度をして僧侶になることはうれしい反面、自分の手元から離れていゆく寂しさのような者を感じていらっしゃるのではないかと思えたのでした。式が終わってからスタッフの方にたずねると、やはりそうでした。
得度した少年僧のキラキラした瞳が印象的な式でした。
スリランカの得度式に参列するというご縁をいただき、とてもありがたく思います。

2016年2月25日

2016022520160225 (2)

  (おひるごはん)
  ・ごはん
  ・魚の洋風焼
  ・ポテトサラダ
  ・おろし汁

  (おやつ)
  ・お好み焼き
  ・牛乳

 

*本日はおやつのお好み焼きがとても人気でした!

油を多い目に使い、周りがかりかりになり、美味しくなりました。

2016年2月24日

バンコクを発って3時間半ほどでスリランカの首都コロンボに到着です。かなり疲れはたまっていますし、日本でひきかかっていた風邪が少し悪化してきたようで、くしゃみが止まらなくなってしまいました。午前1時という時間にも関わらず、空港前はたくさんの人であふれていました。深夜にもかかわらず、スリランカ日本教育文化センター(SNECC)のスタッフの皆さんが迎えに来てくださり、その日はそのままSNECCのゲストハウスで一泊させていただきました。さすがにその日は疲れていたのか、ぐっすりと眠ることができ、翌朝は快適に目覚めることができましたが、風邪の具合はあまり良くなっていません。7時30分から、少年が出家してお坊さんになる得度式があるので参列し内科と誘われ、せっかくの機会なので参列することにしました。
7時30分に始まるって、早くない?と思っていたのですが、参列してみてそのわけがわかりました。朝の早い時間か夕方でないと、暑くて暑くて長い時間にわたってセレモニーを行うのは難しいのです。

2016年2月24日

バンコクを発って3時間半ほどでスリランカの首都コロンボに到着です。かなり疲れはたまっていますし、日本でひきかかっていた風邪が少し悪化してきたようで、くしゃみが止まらなくなってしまいました。午前1時という時間にも関わらず、空港前はたくさんの人であふれていました。深夜にもかかわらず、スリランカ日本教育文化センター(SNECC)のスタッフの皆さんが迎えに来てくださり、その日はそのままSNECCのゲストハウスで一泊させていただきました。さすがにその日は疲れていたのか、ぐっすりと眠ることができ、翌朝は快適に目覚めることができましたが、風邪の具合はあまり良くなっていません。7時30分から、少年が出家してお坊さんになる得度式があるので参列し内科と誘われ、せっかくの機会なので参列することにしました。
7時30分に始まるって、早くない?と思っていたのですが、参列してみてそのわけがわかりました。朝の早い時間か夕方でないと、暑くて暑くて長い時間にわたってセレモニーを行うのは難しいのです。

2016年2月24日

2016022420160224 (2)

  (おひるごはん)
  ・ごはん
  ・高野豆腐の煮物
  ・コブと野菜のナムル
  ・おみそ汁

  (おやつ)
  ・ゴマトースト

 

*本日は全てのメニュー残食がありませんでした。

おやつのパンは一から手作りしました。上には練りごまと黒ゴマを合わせたものを塗っています。