園のこだわり

2015年 10月

2015年10月31日

今年の楽器ゾーンは、吸音材を配置して昨年より少し進化しました。保育環境には、物的環境と人的環境ということがよく言われますが、空間的環境もとても重要な要素です。空間も物的環境とも考えられるかもしれませんが。

子どもたちの活動は大きく「遊ぶ」「食べる」「寝る」の場面に分けることができます。また、楽器ゾーンができたように、遊びのゾーンも、子どもたちに合わせて様々に構成します。それも空間ですが、そういった保育の機能を果たす場としての保育室の「つくり」も重要な空間的環境です。壁や床の色と材質、家具の色や形、照明の色、明るさ、音の響き方、聞こえ方など様々な要素が、そこにいる人たちの五感をどう刺激するのかをよくよく考える必要があります。

今、保育室の音環境がとても気になっています。どうも音が響きすぎる気がするので、何とか対策を立てようと考えているところです。保育室の音環境というのは意外に見過ごされがちですが、とても重要な要素だと思いますし、保育室の音環境に関する研究も進んできているようです。

今年の楽器ゾーンを作るにあたって吸音のために考えた、たまごの緩衝材も一つのアイデアです。少し前に行ったライブハウスにもたまごの緩衝材に似たものが天井の一部に貼り付けてありました。

いろいろなことを参考にして、子どもたちにとってより良い環境を構成してゆきたいものです。

2015年10月30日

先日、2階の幼児室の近くに楽器ゾーンがオープンしました。以前はオープンスペースの絵本コーナーだったところに簡単な間仕切りが作られました。角材で柱と梁を組み立ててベニヤ板を張った簡易な物なので、必要がなくなればすぐに撤去できます。こういった作業が得意な男性保育士の先生がいてくれるので、とても助かります。彼は1人で1時間もかからずに作ってしまいました。

楽器ゾーンなので、他の部屋に響く音を例え少しでも少なくしようというねらいで、間仕切りが作られたのです。それでも楽器の音は良く響きます。ですから、少しでも音の反響を軽減できたらと、今年はたまごの運搬に使う緩衝材を使って、吸音装置を作ってくれました。プラスティックでできたたまごパックではなく、段ボールの箱にたまごを入れるときに使う、紙のような素材でできた、でこぼこしたものです。それを壁の上の方につり下げる形で、設置しました。

たまごの緩衝材3枚、紐でつないだものを壁につり下げるという方法で施工しました。3枚の繋げ方にも工夫が凝らしてあります。緩衝材を、表-裏-表とつなぐと、片付けるときに屏風のように折りたたむことができ、コンパクトに片付けられるというのです。それだけではなく、裏-表-裏とつないだ物も作って、交互につり下げると、市松模様のようになっておもしろいかもしれない。と見た目も考えて作ったようです。良くそこまで考えるものだと、感心しました。

吸音や半経を防止する効果の程は、はっきりとはわかりませんが、先生は、音圧計を持ってきて、施工前と施工後で太鼓をたたいたときの音がどう違うのか、残響の長さはどうなのか、と測っていたのにも感心しました。施工後、劇的に数値が変化したわけではなかったようですが、私は、音の反響が少し少なくなった、音の響きがやわらかく感じられうようになったと思いました。

20151030_楽器ゾーン_1
20151030_楽器ゾーン_2

2015年10月29日

チカラシバの生えているすぐ近くに、黄色い花をたくさんつけた草があります。背の高さは1mくらい、ずいぶん長いあいだ花をつけています。この植物も気になっていて、名前を調べようといろいろと試みてみましたが、どうもよくわかりません。ヒャクニチソウにも似ていますが、ちがうようです。今回はお寺の職員さんにたずねたら、「それは三七草というんです」と教えてくださいました。

中国南部原産の多年草。葉は不揃いなのこぎりの歯のような形で羽状に3~7くらいに分かれているので三七草と呼ばれるのだそうです。9月から10月に花が咲きます。
江戸時代の初めに薬草として輸入され、葉は虫刺されや止血に、根は吐血や強壮薬として用いられたといわれています。

どうやら日光を浴びると、ちょっと嫌な臭いを発するそうだということも教えてくださいました。身近にいろいろな草花が生きているにもかかわらず、意識をしないと見過ごしてしまっています。身近に生きている様々ないのちに心を運び、Sense of Wonderを持って見ると、楽しいことがいっぱいです。

子どもたちは、楽しいことや不思議を見つける天才です。子どもたちと一緒にいろいろなことに興味を持ち、不思議がる事を楽しみたいと思います。

20151029_三七草_2
20151029_三七草_1

20151029_三七草_3

2015年10月29日

2015102920151029 (2)  (おひるごはん)
  ・ごはん
  ・魚の煮物
  ・きのことさつま芋の和風サラダ
  ・おみそ汁

  (おやつ)
  ・スイートポテト
  ・牛乳

 

 

*本日はきのことさつま芋の和風サラダが新メニューです。マヨネーズ、醤油、黒こしょうで味付けをしました。

そしておやつのスイートポテトは4,5歳児さんがクッキング保育で作ってくれました!

蒸かしたさつま芋をすりこぎでつぶし、そこにメープルシロップと豆乳の生クリームを加え成形してくれました。

写真にある長細いスイートポテトは4歳児のある男の子が「さつま芋」を真似て作ったようです。

2015年10月28日

園の近くでもいろんな草木があります。園の前の道端に大きなネコジャラシのような草が生えていました。ボトルを洗うときに使うブラシに似た大きな穂が特徴的なので、いつも見ていました。9月の終わりくらいでしょうか、急に気温が下がった朝のことです。その穂のブラシのように密集した毛に細かな水玉がたくさんくっついていました。

何だかとても美しく感じたので、思わずスマホを取り出して写真を撮ってしまいました。しかし、なかなか目で見たようなキラキラした感じを写し取ることはできません。人間の目ってうまくできていると思います。物理的な視覚情報だけではなく、それを補う様々な情報が、より美しく見せるのかもしれません。もちろん目の機能に限ってもすごいと思います。あんなにいろいろなものが見えるのですから。

普段何気なく見ている草でも、水玉がくっつく、というちょっとした変化で全く違う姿を見せてくれます。それも朝の限られた時間だけです。その時間を逃すとその美しさを見る事はできません。その時々の美しさを見逃さないよう、心を運んでいたいと思います。

いわゆる雑草と呼ばれる草なのでしょうけれど、どこかその存在が気になって、何という名前なのか知りたくなってしまいました。そこで、動植物に詳しいお寺の職員さんにたずねてみたら、「イネ科の野草」とかで調べるとわかるのではないですか。とアドバイスをいただきました。そこで、植物図鑑やインターネットで調べてみると、「チカラシバ」という名前だということがわかりました。根がしっかりとはっていて、茎も固く、引きちぎるのに力がいることから、その名がついたとも言われているそうです。
人から名前を教えてもらうのは簡単ですが、少し手間をかけて自分で調べると、忘れにくいものです。子どもたちが不思議に思ったときに、自分で調べられる環境を用意してあげると良いですね。

20151028_チカラシバ_1

20151028_チカラシバ_2

2015年10月28日

2015102820151028 (2)  (おひるごはん)
  ・ごはん
  ・肉じゃが
  ・小松菜サラダ
  ・具沢山汁

  (おやつ)
  ・マカロニきな粉
  ・ヨーグルトドリンク

 

 

*本日は小松菜サラダが新メニューでした。

茹でた小松菜をツナとマヨネーズで和えたものです。

具沢山汁には保護者の方から頂いた冬瓜を使用しました。

美味しい冬瓜をありがとうございました。

2015年10月28日

学童保育 11月の予定表ができました。

学童保育_2015年11月の予定

2015年10月27日

鉾と共に移動してきた松明は、次々と山門下の石段に立てられてゆきます。石段から鞍馬街道の一体はまさに火の海です。松明を立てると言うことは、下で支える男たちの頭上から火の粉が降ってくると言うことです。真っ赤に燃えた火の粉が、容赦なく半裸ともいえる男たちの、頭と言わず肩と言わず背中と言わず、降り注ぎます。首から肩は火傷だらけになるようです。

そうやってしばらく立てられ、役目を終えた松明は、順に松明置き場に集められ、そこで燃え上がります。消防団の方々が水をかけてくださるから何とかなりますが、それでも大きな炎が上がります。こうして、火祭は一つのクライマックスを迎えます。

山門前の石段下に立ち並んだ松明がなくなる頃、注連縄が切られ、御神輿の前で本田楽という子どもの田楽が奉納され、祝詞が上げられると、御神輿の渡御が始まります。神輿は動き出す前に左右に激しく揺すられます。そうして、二基の御神輿が一基ずつ山門前から鞍馬街道まで担いで下ろされますが、途中で選ばれた青年が御神輿の前の担い棒にぶら下がり、足を逆さ大の字形に広げる「チョッペンの儀」というのが行われます。御神輿の前の担い棒にぶら下がるのですから、かなり度胸のいることで、鞍馬の成人式の名残だとも言われています。

御神輿の渡御に当たっては、綱方といって御神輿の後ろの担い棒に長い綱がつけられています。由岐神社からの急な坂道を御神輿を担いで下ろしていた頃は、大勢でこの綱を引くことによって、ブレーキの役割を果たしたのです。この綱方は若い女性です。綱方をすると安産の御利益があるともいわれています。また、火祭では鉦と太鼓が重要な役割を果たしますが、これも女性の役割です。
昔から男と女が役割を分担し、生活してきたことの表れなのかもしれません。

20151027_おまつり3_1
20151027_おまつり3_2
20151027_おまつり3_3

2015年10月27日

2015102720151027 (2)  (おひるごはん)
  ・秋野菜のカレーライス
  ・秋野菜のサラダ
  ・スープ

 (おやつ)
  ・ミニうどん
  ・きびなご

 

 

*本日の秋野菜のカレーライスはウインナー、椎茸、しめじ、えのき、えりんぎがたっぷり入ったルーを作りました!

みんな食べてくれるかなぁと不安だったのですが、おかわりもたくさんしてくれていました!

秋野菜のサラダにはさつま芋、南瓜、レンコン、人参、小松菜を使用し、味噌、マヨネーズ、醤油、すりごまで味付けをしました。

2015年10月26日

火まつり当日、鞍馬街道はたくさんの観覧者であふれます。火祭りの行われる10月22日の日中には、時代祭が京都市街で行われます。時代祭が終わる午後には、鞍馬を目指す人が増えはじめます。京都市街と鞍馬を結ぶ叡山電車もとても混雑し、乗車制限が行われた年もあったそうです。鞍馬街道は午後3時を過ぎると自動車の通行ができなくなります。

実は10月22日の前に火祭は始まっています。10月16日には「宵宮祭」といって、火祭りの無事を願う神事が行われるのです。この日から各家の軒先には「御神灯」と書かれた提灯がかけられます。

午後6時に、これから祭が始まるという合図に「神事にまいらっしゃーれ」と呼びかけて回る「神事触れ」という儀式が行われます。これを合図に各戸のかがり火に火が入り、小さな子どもたちの松明から順に鞍馬街道を練り歩き始めます。続いて松明がだんだんと大きくなり、「サイレヤサイリョ」のかけ声と共に大松明が、練り歩きます。上(かみ)、中(なか)、下(しも)の各地区から鉾が出て、山門前の鞍馬街道に集まってきます。

20151026_おまつり2_120151026_おまつり2_220151026_おまつり2_320151026_おまつり2_4