園のこだわり

2014年 6月

2014年6月30日

ラジオや音楽を聴きながら勉強できる人とそうでない人がいるように、人はひとり1人みんな違います。
ときどき、我慢できないほど大きな音がしているわけでもないのに、両手で耳を塞いでしまう子がいます。きっとその子には、大多数の他の人よりも、音がとても大きく聞こえたり、他の人よりも選択的聴取がとても苦手で、同時にたくさんの音が聞こえてきてしまい、混乱するのかもしれません。

それが、大多数の人とは異なっているから良いとか悪いとかいうのではなく、その人の一つの特徴なのです。だから音が大きく聞こえすぎるのなら、大きな音を立てないように配慮するとか、いろいろな音が同時に聞こえてしまうなら、伝えたいことはできるだけ静かな環境で伝えるとか、その人が生きにくくならないような配慮や工夫をするしくみがあれば、その人は困らずにすみます。

ついつい私たちは大多数の人と大きく異なる特徴を持った人を特別視しがちですが、なにか特徴を持っているということは、当然のことです。みんなひとり1人違うのですから。ちがうことを同じにしようとするのではなく、ちがうことを活かしてみんなの役に立つことを考えた方が、みんながハッピーになれそうじゃありませんか。

音が大きく聞こえる人は、小さい音でも聞こえるのかもしれませんし、いろいろな音が同時に聞こえてしまう人は、同時に何人もの話を聞く力を持っているのかもしれません。(あくまでも私の単純な想像ですので、気にしないでください。失礼があればお詫びします)

ひとり1人のいいところを認め合い、そのいいところをみんなのために役立てる。みんながそんな関係になれるといいですね。

2014年6月30日

(昼食)
・ごはん
・マーボーなす
・中華サラダ
・中華スープ

(おやつ)
・ホットケーキ
・牛乳

 

 

*本日の給食のマーボーなすは大人には人気のメニューです。子ども達はなすが少し苦手のようです。少しでもた食べやすくなるように、味付けに白みそを使いました。はじめは少ししか入れてもらっていないけど、おかわりで沢山食べてくれた子どももいました。

2014年6月29日

いろいろな音が耳に入ってきても、その中から取捨選択して自分に必要な音だけを聞くことができるのです。ところが、選択的注意、選択的聴取も人によって差があります。

皆さんはラジオや音楽を聴きながら勉強できますか。私はできません。

家では良くFMラジオを聞いているのですが、なにか他のことをしながら聞いていても、私にはパーソナリティの言っていることが良く聞こえてきます。あるときパーソナリティがおもしろいことを言ったので、同じ場所で同じことをしている妻に、「今の話おもしろかったよね。」と同意を求めると、「えっ!何の話?」と聞き返されました。「ラジオでおもしろいことを言ってたじゃない。」というと「聞いていなかった。」と返ってくるのです。「なんで、ラジオを聞いているのに、聞いていないの?」と変な質問をしてしまうことがありました。

家内は自分のやっていることに集中しているのでしょうけれども、私はどうも何かをやっていても、聴覚から入ってくることには敏感に反応してしまいそっちが気になって集中力が途切れてしまうことが多いのです。家内は選択聴取がうまくできていて、私はそれが苦手なのかもしれません。

2014年6月28日

私たちはあまり意識こそしていませんが、聞きたい音を他の音と区別して聞き分けて生活しています。

私たちはもちろん音だけではなく他の様々な情報も自分に必要なものを選択して取り入れています。視覚情報も注意を向けていなければ、有効な情報として取り扱うことはできません。

つい先日まで、そこにあった木が植え替えられたとします。ところが、その木に注意を払っていなければ、今までそこにあった木が無くなっていることにさえ気づかないでしょう。目に入っていても見えていないのです。そんな経験はありませんか。

赤ちゃんについていろいろなことを調べる実験では、この選択的注意、特に選好注視ということが用いられます。赤ちゃんはまだことばによる会話ができないので、赤ちゃんが何を見ているのか(視線)を調べることで、何に興味を持っているのか、見えなくても予測ができるのかなどを調べる研究が行われていますし、何を見ているのかを簡単に計測できる機材なども開発されています。

2014年6月28日

(昼食)

・ごはん

・手作りクリームシチュー

・フルーツサラダ

 

 

*本日の給食のクリームシチューは、市販のクリームシチューのルーを使わずに作りました。子ども達から「こっちの方が美味しい」と言う声があがりました。嬉しかったです。

2014年6月27日

普段、私たちはあまり意識をすることなくいろいろな音を聞いています。耳には様々な音が同時に入ってきているはずですが、私たちは、同時に聞こえてくる音の中から、興味のあることや注意を向けたこと、自分に関係のありそうな情報を選び取って聞いています。このことを「カクテルパーティー効果」と呼ぶそうです。

カクテルパーティーでは多くの人が様々な会話をしていますが、その様々な会話の中から自分が会話している相手の声だけを主に選択して聞いたり、自分に関係のありそうな話しをしている人の声だけを聞き取ることができます。

たとえ、目の前で面と向かって話している人がいたとしても、他の人が自分の興味のある話をしているのが聞こえてくると、目の前の人のことは見ていても、その人の話は聞こえないで、隣の会話が聞こえてくることさえあるかもしれません。

私たちはそうやって何を聞くかを選んで聞いているのです。これを選択的聴取といって、1953年に心理学者のチェリーによって提唱されたそうです。

2014年6月27日

(昼食)
・ふりかけごはん
・煮込みハンバーグ
・彩りサラダ
・スープ

(おやつ)
・スイカ

 

 

*本日のハンバーグは煮込みハンバーグにしてみました。

普段のハンバーグの時より、人気があったので驚きました!

そしてスープには保護者の方が持って来て下さった黄色のズッキーニを入れました。

大きくて美味しいズッキーニをありがとうございました!

2014年6月26日

目を閉じて視覚を使わずに、他の感覚を使ってみよう、とくに音を聞くこと、聴覚を意識して使ってみようという思いから、山の中で子どもたちと目を閉じて、どんな音が聞こえてくるかに意識を集中してみました。

簡単に聞くことに意識を集中するといいましたが、聞くこと自体が取捨選択しているのだということを改めて思い直しました。

静かな山の中で、鳥のさえずり、遠くから聞こえる飛行機の音、木々が風にそよぐ音などが順番に聞こえました。それらの音は、音波としては同時に私の鼓膜を振動させているのでしょうけれども、音の聞こえ方としては、最初に鳥のさえずりが良く聞こえました。次に飛行機の飛んでいる音、そして風にそよぐ木々の音です。最初に鳥のさえずりが聞こえたのは甲高く注意を向けやすい音だったからかもしれませんし、山に登ってくる途中でオオルリらしきさえずりを聞いていたので、オオルリが鳴いているのかな?と興味を持っていたからかもしれません。ある程度鳥の声を聞いて、それに慣れてくる(飽きてくる?)と今度は飛行機の音が聞こえてきました。せっかく自然の中にいるのだから、人工的な音はあまり聞こえて欲しくないという意味で注意を払ったので、それが聞こえてきたのでしょう。その飛行機の音も、まあしょうがないかと思っているうちに、木々の風にそよぐ音が心地よく聞こえ出しました。さやさやというさわやかな音に安らぎを覚えたからでしょう。

音の波は、同じように鼓膜に届いているはずなのに、聞こえ方が異なっているのはどうしてなのでしょうか。また、どうして鳥の声、飛行機の音、木々が風にそよぐ音の順に聞こえたのでしょうか。

2014年6月26日

(昼食)
・ごはん
・鯵の南蛮漬け
・千切り大根の煮物
・けんちん汁

(おやつ)
・ふかしいも
・牛乳

 

 

*本日の南蛮漬けは、鯵を使用しました。今が旬ということもあり、とても美味しい鯵でした。

新メニューだったので、子ども達は食べてくれるかなぁ?と心配していたのですが

たくさん食べてくれたので嬉しかったです!

2014年6月25日

静かな山の中、みんなで目を閉じて耳を澄ませると、どんな音が聞こえてくるのか。子どもたちが五感のうちの聴覚を意識して使ってみると良いと思い

私も同じようにやってみました。まず聞こえてきたのが、鳥たちのさえずりです。鳥の声に意識を集中すると、2〜3種類のさえずりが聞こえてきます。何という名前の鳥なのか私にはよくわかりませんが、鳥たちは何を話しているのかな?などと思いながらしばらく聞いていました。しばらくすると今度は違う音が気になりました。遠くの空を飛行機が飛んでいる音です。ゴーという音ですが、遠いので大きな音ではありません。山の中だから人工的な音が少ないだろうと思っていましたが、空から飛行機の音が聞こえてきました。そうしているうちに、木々の枝が風にゆれる音がしていることに気づきました。さやさやと葉っぱたちがゆれて、強く弱くリズミカルにまるで音楽を奏でているようです。目を閉じて風を見ているような感覚になりました。

2〜3分の短い時間ですが、聞くことに集中すると、いろいろな音に気付く事ができました。そして、目を閉じていることにより、音から様々なイメージが浮かんでくることにも改めて気づくことができて、おもしろいものです。

いろいろな音を聞いて、子どもたちのこころには、何が浮かんできたのでしょう。