園のこだわり

2014年 1月

2014年1月31日

この日、私は朝から出かけなくてはならなかったのですが、できる限り子どもたちと一緒にお参りしたいと普段から思っているので、園に行きました。3・4・5歳児のみんなは、とても積極的にお参りをしてくれるようになりましたし、心を落ち着かせることにも進んで取り組んでくれています。

お参りが終わって2階から下りてくると、1歳児のHくんにばったり会いました。Hくんはにっこり笑ったかと思ったら、私の机の前に一目散です。そうです、鍵で遊びたいのです。ところが、今日は出かけなくてはならないので、ゆっくりとHくんにゆっくりとつきあっているわけにはいきません。

そこで、Hくんがどれだけ理解してくれるかわかりませんでしたが、とにかく事情を説明してみることにしました。そして、でかけなくてはならないから、今日は一緒に鍵で遊ぶことはできないことを伝えました。Hくんはうんうんとうなずいていましたが、やっぱり鍵がほしい!と体全体で伝えています。それはそうだと思います。でも無理なこともあります。ですから、「鍵で遊びたいなー!それわかるわ!」「でもな、ごめん。今日はできひんねん。」と伝えますが、泣き出してしまいました。その姿は、「鍵で遊びたいけど、先生はダメだって言う。それもわかる。わかるんやけど、やっぱり遊びたい。」と小さな心が葛藤しているように私には見えました。彼は泣きながら行ってしまいましたが、どうしようもありません。ひとりで「ごめんね。」と言いながら玄関に向かう途中に、Hくんはいました。声を上げて泣いてはいないものの、涙がこぼれています。まだまだ葛藤している様子でしたが、「今日は、しょうがないか。」と思ってくれているようにも見えました。私に都合の良い勝手な解釈かもしれませんが・・・
申し訳ない思いを胸に、園を後にしました。

子どもの情緒の安定のために最も大切なことは、子どもの欲求を適切に満たすことです。「やりたい!」と意欲を持っていることはできるだけかなえられるようにしてあげたいと思います。しかし、いつもいつもそうできるわけではありません。できないときは、子どもの思いに共感し、子どもの思いをことばにして伝える。「あなたの気持ちは痛いほどわかる。ほんまにそうやな。」と子どもの気持ちにより添い共感することだといわれています。早くしなさい!とか、わがままいわないの!などいきなり否定的なことばを使うのではなく、先ずは共感することなのです。自分の気持ちにより添ってもらうことで、安心感を得られるのだと思います。

2014年1月31日

(昼食)
・ごはん
・おでん
・冬野菜のお浸し
・みそ汁

(おやつ)
・スパゲッティサラダ
・りんごジュース

 

(年長おやつ)

・クレープ

 

 

 

 

*本日、年長児は午後保育でクレープを作りました。個性豊なものが出来ていました。

2014年1月30日

事務机の引き出しの鍵がお気に入りの1歳児Hくん、私の姿を見つけると、ニコニコ笑いながら近づいて来ます。この日も私からキーケースを受け取ると、早速、鍵で遊び始めました。先ずは鍵穴に鍵を差し込みたいようです。鍵の向きはわかっているようなのですが、キーケースにたくさん鍵がついていて重いので、引き出しの鍵を水平に保つことが難しいのです。いろいろと試していたら、うまくいったようで、「ほらできたよ!」と言わんばかりの顔つきで、私を見るので、「できたねー!」というと自分で拍手をしていました。

その後何度も何度も鍵を抜いては入れて入れては抜いてを繰り返していました。時々私を「どうだ!」という顔で見ては、また同じことを繰り返しています。その顔つきといったら真剣そのものです。私はといえば、仕事もしたいけれどHくんが何をどうして、どう感じているのかが気になって、事務仕事どころではありません。それにしても、一所懸命に遊んでいる子どもの顔は本当にステキです。

そのうち、私が引き出しの中の物が必要になったので、Hくん「引き出し開けられる?」と尋ねると、鍵を回そうとするのです。鍵が鍵穴に入りきっていなかったりして、うまくは回りませんが、私がしてほしいことを理解し、どうすればそれがかなえられるかも知っていることには驚きました。きっといろいろなところでしっかり見て学んでいるのですね。そうしていると鍵の抜き差しだけでなく、鍵を回してみようという動きが見られるようになり、実際に何度か開けていました。

子どもがやりたいと思うことは、その子の発達に沿った必要なことだと言われます。ですからできるだけその子の「やりたい!」を保証してあげたいと思っています。というと、何でもかんでも子どもの要求するとおりにしてあげるように聞こえがちですが、そうではありません。子どもの情緒が安定するために大切なのは、子どもの欲求を適切に満たしてあげることなのです。

Hくんは鍵を使って、黙々と20分くらいは遊んでいたのではないかと思います。保育士の先生達も、私がいることがわかっているときは、すぐに連れ戻しにきたりはせずに、しばらくはHくんが遊ぶ時間を保証してくれています。先生が迎えに来たときには、Hくんは満足したのか、私にバイバイと手を振って保育室に帰って行きました。

Hくんの欲求は適切に満たされたのかな・・・

2014年1月30日

(昼食)
・ごはん
・肉じゃが
・ツナサラダ
・具沢山汁

(おやつ)
・大豆きな粉
・牛乳

 

*本日の給食の時に出汁をとった後の出汁じゃこの頭とはらわたを取り、ごま油で炒めしょう油で味付けをした物と削り節をすり鉢ですり、甘辛く炊き、ふりかけを作り出しました。両方食べてる子、好みの方を食べる子、両方食べない子、様々でした。

2014年1月29日

いろいろなことをやっていると、どうしても後回しになる仕事が出てきます。誰かと一緒にやらなくてはならないことを優先したり、子どものことを優先していると、後回しになる仕事は、書類を作成するなど自分ひとりで行う事務仕事が多くなります。後回しにした仕事を手をつけないままにしておくと、それがだんだん成長して、重荷になってきます。期限が近づいて来ることもそうですし、自分の気持ちに中で「やらなくてはならないけれども、できていない。」という重い気持ちばかりが膨らんでいって、いつしか負担感がおおいくなるのです。そうすると、本当はとりかかれば、すぐにできるのに、「やらなくては・・・」が反対にブレーキになってしまって、とりかかれなくなってしまうこともあります。そうしているうちに、後回しにした仕事が増え自分で自分の首を絞めることになるのです。そういう状態になりかかっていたので、時間を取って一気に事務仕事をやってしまうことにしました。

結構集中できて、「仕事がはかどっているなー!」と気分を良くしているところに、1歳児のHくんがトコトコトやってきたかと思ったら、私の顔を見てニコッとほほえむので、「こんにちは」と挨拶すると、ペコリと頭を下げて私の方に近づいて来ました。パソコンに興味があるのかなと思っていると、机の引き出しの前に立ち、私の顔を見て何かを要求しています。きっと引き出しの鍵を貸してほしいといっているのです。「鍵がほしいの?」と聞くと、満面の笑顔を返してきてくれたので、キーケースを渡してあげました。ところが、私のキーケースにはたくさんの鍵がついているので、どの鍵が引き出しの鍵なのか容易にはわかりません。どうするかなと思って見ていると、どの鍵が合うのか試しはじめました。1つずつ鍵穴に合わせては、確かめてゆきます。とても真剣な顔つきでやっています。しかし鍵が多すぎて、なかなか引き出しの鍵を見つけ出すことができません。しばらく試行錯誤していましたが、どうやら見つけることができなかったようで、困ったまなざしを私に向けてきました。引き出しの鍵をつまんで「これだよ」と言って渡してあげると、ニコッと笑って受取り、今度は一所懸命に鍵を鍵穴に差し込もうとしています。

Hくんは、時々私のところにやってきて遊んでいきます。彼は、いつも何かおもしろいことは無いかと探していて、私がいると鍵で遊ぶことができると思っているようで、しばらく遊んでゆきます。きっと今の彼には、私のところにきて引き出しの鍵で遊ぶのがおもしろくてしょうがないんだと思います。

2014年1月29日

(昼食)
・ごはん
・焼魚(サバ)
・千切り大根の煮物
・けんちん汁

(おやつ)
・ハムトースト

 

 

*本日の給食の焼魚(サバ)は骨に苦戦している子どもと上手に骨をとりながら食べている子どもと色々でした。中にはお友達同士で骨の取り方を教え合ったり、皮も美味しいよと声を掛け合ったりしながら食べているテーブルもありました。

2014年1月28日

NHKスペシャル「和食 千年の味のミステリー」という番組見て、麹菌が和食の味に深く関わっていることを改めて思い直しました。1000年も前から私たち日本人は麹菌の力を借りて酒を醸し、様々な食品を作ってきたばかりではなく、麹菌を育ててきたことを知りました。麹菌のおいしいお酒を造る力や、安定して生きる事のできる力を整えてきたのです。麹菌に優しく寄り添い、祈りをこめて育ててきたようなイメージを私は持ってしまいます。

番組を見て驚いたことが他にもあります。和食の出汁の基本は昆布と鰹節ですが、実は昆布も鰹節も様々な微生物が作用することでおいしくなっているのです。昆布は蔵で2年以上寝かせてはじめて使うことができるようになります。そして熟成するほどにおいしくなるようで、昆布問屋には平成元年から25年間も寝かせてある蔵囲いという昆布もあるそうです。

蔵囲い昆布とそうでない昆布でとった出汁を分析して比べると、コハク酸をはじめ、6種類の物質が熟成した昆布にだけ含まれていたようです。これらの物質が複雑に絡み合うことで、昆布のこくが生まれているのだと言います。長い間、蔵の中で寝かすことによって、そこに微生物が集まってきて、独特の味を醸し出すのでしょう。

カビを初めとした微生物がいなければ、そしてそれらをうまく活かすことがなければ、昆布だしのこくは生まれないのです。昆布蔵の中にはたくさんのカビや微生物が住んでいるそうです。それらの微生物がそれぞれの役割をうまく果たしながら、長い時間をかけて関わることで出汁に使える昆布ができるのですね。人間にできるのは、微生物が精一杯働ける、役割を果たせる環境を整えてあげることでしょうか。

昆布だけではなく鰹節も出汁には欠かせない材料です。昆布だしに鰹節を加わると人間の舌は7倍もの旨みを感じるそうです。この鰹節もできあがるまでには何度もカビをつけて、1年以上熟成させるといいます。ユネスコの無形文化遺産に登録された和食ですが、その味のほとんどがカビを初めとした微生物の働きによってできているのです。目に見えない、小さな小さな生き物たちによって支えられているのですね。

2014年1月28日

(昼食)
・ごはん
・ほうれん草のグラタン
・豆腐サラダ
・スープ

(おやつ)
・ヨーグルト

 

 

*本日の豆腐サラダは新メニューです。材料は豆腐、きゅうり、白菜、じゃが芋、ハムです。ゴマドレッシングをかけました。新メニューを時は作るのはドキドキしますが、子ども達が食べてくれるかが一番ドキドキします。乳児クラスからは、おかわりが足りないからと幼児クラスにもらいに来ていました。嬉しい瞬間でした。

2014年1月27日

麴カビ(麹菌)アスペルギルスオリゼ。日本人は1,000年以上も前からこの微生物の力を使って酒を造ってきました。椿の灰を使って麹菌が育ちやすい環境を工夫もしていたように、酒造りの職人さんが最も大切にするのは麹なのだそうです。小さな小さな微生物、麹菌の力を借りて酒を造る。そうしてできた自然の恵みを神に捧げ人も楽しむ。自然に感謝し神を尊ぶ生活があったのでしょう。その麹菌と大豆が出会って醤油ができたのは室町時代だそうです。そう考えると、和食の味の基本は麹が支えてきたといえます。

こうして、私たちの祖先は麹菌を育て伝えてきました。麹を育てる種麹屋さんの仕事の中心は良い麹をより分けて育てること。ですから良い性質のカビを守ることだけに仕事の大半を費やすそうです。経験から色や胞子のつき方を見るだけで、菌の善し悪しがわかるのだそうです。そうやって長い年月をかけて、良い性質の麹菌を残してきました。

こうして守り育ててきた麹菌は、日本にしかいないそうです。NHKスペシャル「和食 千年の味のミステリー」ではアスペルギルス・オリゼ(麹菌)を研究している東京大学 北本勝ひこ教授の説を紹介していました。

アスペルギルスオリゼに似たアスペルギルスフラブスという菌がいます。同じように米を分解して糖分を作り出しますが、異なるのは毒を作ってしまうところです。このフラブスを日本人はうまく家畜化してアスペルギルスオリゼを生み出したと北本教授は考えているそうです。

もともと種麹屋は室を使ってフラブスを育てていました。熱を加えるなどして毒性を押さえたフラブスから味の良い酒を造るフラブスを選んで増やしました。室には外敵がいなかったため、その中から毒素を作るDNAを持たないカビが出てきます。その中から糖分をより効率よく作るカビを、より分けて育ててゆきます。そして、突然変異が起こり複数の核を持つアスペルギルスオリゼが生まれた。この菌を使うといつも安定しておいしい酒が造れるので、種麹屋はこのカビを増やしていったのだという説です。

昔の人は検査技術などがないなかで、どのようにして安定して糖を作る能力が高い良い胞子を選び、守り育ててきたのだろうと不思議に思います。自分の五感をフルに使って対象に寄り添い、理解しようとしたのかと想像します。そうやって心で寄り添い相手を理解しようとすることで、麹菌の良いところをどんどん伸ばすことができたのではないでしょうか。

2014年1月27日

(昼食)
・ごはん
・八宝菜
・ひじきのサラダ
・スープ

(おやつ)
・バナナケーキ
・牛乳

 

 

*本日の給食の八宝菜はいつもの八宝菜と違う調理方法にしてみました。今までの八宝菜は野菜が沢山入るので食べやすい様に中華味の煮物みたいになっていました。今日は炒め物の八宝菜にしました。
どうかなぁ?食べてくれるかなぁ?と心配していましたが沢山おかわりをしてくれているのを見てホットしました。