園のこだわり

2013年 11月

2013年11月30日

日本でも今年度から新たな認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)が始まっていることは前にも紹介しました。その特徴は、認知症になっても引き続き住み慣れた地域で暮らすことができる社会の実現を目指すことです。そのためには多くの人が認知症について理解している必要がありますし、様々な機関との連携も必要になってきます。

認知症についてインターネットで調べていたら、NHKのEテレで放送されているハートネットTVのサイトを見つけました。ハートネットTVは、「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた新しいスタイルの福祉番組。“当事者の目線”を大切に、ほかのメディアやニュースとは違う視点で掘り下げていきます。(ハートネットTVホームページより)という番組で、テーマは介護に限らず様々なシリーズで構成され、その中に認知症のシリーズもありました。2013年7月にに放送された番組「シリーズ 認知症」のアンコール放送の告知ページに番組の内容が番組ダイジェストや番組ディレクターの取材後記など、とても詳しく紹介されているので、興味深く読みました。12月にアンコール放送もあるので、見たいと思います。

ディレクターの取材後記には、認知症の当事者と、介護者の困っている状況はひとり一人異なり、千差万別。どんな症状が起こるかわからない状況に、介護者は24時間向き合っているので、多大な不安と負担になっている。そのことばかりを考えてしまい、認知症の人の立場や思いという視線、当事者の気持ちにより添う視線を持つことを忘れていた自分がいた。というコメントがありました。「同じ人間なのに、介護者、当事者と、立場を変えて考えるだけで、捉え方が違ってくる」認知症に向き合うことの難しさを痛感した瞬間でもありました。(ハートネットTVホームページ)

立場を変えて考えてみることが大切なのはわかっていますが、難しいと思います。もし自分だったらという目線で見てみると、それまで介護者目線で見ていた自分の考えが受け入れられなくなった。とこのディレクターの方は言っています。このように誰かの立場になってみることができると、自然に寄り添うことができそうです。認知症になっても引き続き住み慣れた地域で暮らすことができる社会の実現のためには、認知症の方やその家族の気持ちに寄り添い、サポートする人がたくさんいると良いのではないでしょうか。

2013年11月30日

(昼食)
・パン
・ポトフ
・フルーツ

 

 

 

*今日は朝から冷たい風が吹いていました。園庭遊びや散歩から「寒かったー!!」と口々に帰ってくる子ども達が出来たてのポトフを「あったか~い!!」と嬉しそうに食べてくれました。

2013年11月29日

(昼食)
・ライスコロッケ
・ささみのさっぱりサラダ
・スープ
・フルーツ

(おやつ)
・蒸しパン

 

*今月のライスコロッケの中身は「牛丼風混ぜご飯」で作りました。そして、おやつの蒸しパンのフルーツは柿を使いました。彩りもきれいでほんのり柿の香りがしていました。

 

2013年11月29日

給食の時間が終わり、空の食器がたくさん番重に乗せられています。その重い番重を先生方が給食室まで運んで来てくれます。

今日もいつもの様に先生が運んでくれていたのですが、ランチルームの扉が閉まっています。

あっ!と思った瞬間、扉が開きました。

なんと3歳児さんの男の子がそーっと開けてくれていました。

重い番重を持っていた先生も「ありがとう。すごく助かった。」と感謝していました。

その光景を見ていてすごく嬉しい気持ちになりました。

2013年11月29日

認知症の人が迷子になっているのに叱ったり、自分では家に帰るのだと思って出かけようとするのを無理に止めたりすると、本人は辛い思いをしてしまいます。本人には本人の理由がります。また、鍵をかけて家から出られないようにすると、とてもストレスを感じ、そのことで症状が悪化することもあるそうです。

迷子になりやすいなら一緒に買い物に行くとか、散歩につきあってあげるとかすると良いとか、出かけたと思ったら、そっと先回りして偶然会ったようにふるまい、興味の対象を変えるようなことばがけをして、本人が納得したら一緒に帰ってくると良いということがいわれます。

しかし、介護をしている人もいつもいつもそうできるわけではありません。全てを家族だけで行うことは不可能だと思います。だからこそ周りのサポートが必要になってくるのです。様々な介護サービスもそうですが、ご近所さんであったり、お店の人や駅員さんなど町じゅうに認知症についての知識を持った人がたくさんいると、迷子になっている人や、不自然に歩いている人を気をにかけること、声をかけることができますし、専門機関に連絡することも可能です。

ご近所さんが気をつけてくださっていれば、ちょっと目を話した隙に認知症の方が出かけても、あそこで見かけた、ここで見かけたという情報も得やすくなります。声をかけてくださったり、家に帰れるようにうまく促してくださる可能性もあります。みんなで見守りあえる関係性ができていると良いのだと思います。

2004年、それまで使われていた痴呆症という呼び名が認知症に改められ、それを機に2005年度から「認知症を知り地域をつくる10ヵ年」がスタートし認知症サポーター100万人キャラバンなど認知症の理解者を増やす取り組みが進んできました。
認知症について学んだ、認知症サポーターは、平成25年9月30日時点で、4,468,264人になりました。

それでもまだまだ、認知症の方とその家族を支える仕組みというのは充分とはいえないようです。

2013年11月28日

認知症の行動症状に徘徊があり、徘徊をしてしまう人は理由もなくただうろうろしているのではない、本人には本人なりの理由があるということを書きました。ただ現実の認識が実際とは異なっていることがあるので、周囲の人にはあてもなく歩き回っているように映るのです。言い換えれば、世界の感じ方が違うと言っても良いでしょうか。

しょうがいを持っている人たちの中にも、世界の感じ方が異なる人がいるといわれます。一つのものに焦点をしぼって見ることが難しく、目に映る全てのものが同じディテールを持って見えてしまったり、音が大きく聞こえてしまったり、気温の感じ方が違ったり、その違いは様々ですが、やはり違うのです。

音が大きく聞こえてしまう人に大きな声で話してしまっては、その人には耐えられないでしょう。その人に合った声の大きさで話す必要があります。

大人と子どもでは視野が異なると言われます。6歳児の場合、垂直方向の視野は大人約120度に対して70度、水平方向は大人約150度に対して90度しかないそうです。それを体験できるメガネのようなものがあります。インターネットで「チャイルドビジョン」と検索すると、自動車メーカーなどのサイトから型紙がダウンロードできるので、それをプリントアウトして組み立てれば簡単に体験することができます。

園内研修でこどもの視野を体験しようと、みんなでこのチャイルドビジョンを付けて、目の高さが子どもと同じになるように、園内を膝立ちで歩き回ってみたら、子どもってこんなふうにしか見えないんだ!と衝撃を受けました。子どもがよくぶつかるのは納得できます。これを体験した先生たちは廊下に置いてある机は危ないと言って机をすぐに片付けていました。

みんなそれぞれに、世界の感じ方や理解の仕方が違うということを念頭に置いているかいないかで、対応が大きく異なってしまいます。視野が狭くて見えない子どもに「よく見ないからぶつかるのよ!ちゃんと見なさい!」なんて叱りつけたら、子どもは悲しい気持ちになるだけです。よく見なさい。なんて言われても見えないのですから。

2013年11月28日

(昼食)
・ごはん
・魚の南蛮漬け
・野菜のごま和え
・豆腐のみそ汁

(おやつ)
・スパゲッティーサラダ
・牛乳

 

*旬のブリの南蛮漬けをしました。旬だけあってすごく美味しいブリでした。子ども達も沢山食べておかわりも無くなっていました。

2013年11月27日

認知症では、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下などの中核症状が原因で、様々な行動・心理症状(周辺症状といわれることもある)が起こります。行動症状の一つとして徘徊と呼ばれる行動があります。「徘徊」を辞書で引くと、どこともなく歩き回ること。ぶらつくこと。(広辞苑)とあります。認知症で徘徊しているというと、あてもなく歩き回っているように感じますが、歩いている本人には本人なりの理由があるそうです。見当識のしょうがいのために、買い物に出かけたけれどもお店の場所がわからなくなったり、家への帰り道がわからなくなる、いわば迷子になっていることがあります。また、自宅にいるのに「家に帰ると」いって出て行ってしまう。よくよく話を聞いてみると、家というのは、若い頃に住んでいた家だったということがあるそうです。このように記憶があやふやになって、本人が認識している現実が実際と異なることで、起こる徘徊もあるそうです。歩いて行けるはずもない遠いところまで歩いて行こうとする人もいると聞きました。

そういえば、鞍馬でも遠くから来られたお年寄りが、保護されたという話を聞いたことがあります。

徘徊は、周りの人から見ると奇異な行動かもしれませんが、本人の中にはその人の現実、その人のとらえ方、その人の世界があり、その人の理由があるのです。
私たちはどうしても自分自身の感覚で捉え、他の人も同じように世界を捉えていると思い込みがちです。

ですから、その人の感じ方や世界があるということを考慮せずに、自分の価値観や都合だけで考えて、それを誰にでも当てはめようとしてしまいます。もちろん、相手と全く同じように感じる事はできませんが、できる限り想像を巡らすことはできそうです。

2013年11月27日

(昼食)
・生姜ごはん
・厚揚げの照り焼き
・竹輪とキュウリの和え物
・どさんこ汁

(おやつ)
・ツナサラダ
・ヨーグルトドリンク

 

*本日の給食の生姜ごはんは寒くなってきたので体の中から暖かくなってもらおうと思いとりいれました。生姜なので子どもは少し苦手かなと思っていましたが、なんと、職員のぶんが足りないぐらいの人気ぶりでした。

2013年11月26日

そもそも認知症ってなんでしょう。厚生労働省のホームページ(http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/dementia/a02.html)には、次のようにあります。

脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状が記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下など中核症状と呼ばれるものです。これらの中核症状のため周囲で起こっている現実を正しく認識できなくなります。

記憶障害は文字通り覚えられなくなる症状です。経度のうちは新しいことが覚えられなくなり、さっき聞いたことが思い出せないといったことが起こります。症状が進むと、覚えていたはずの記憶も失われてゆきます。

見当識障害は、年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握することが難しくなることです。長時間待ったり、予定に合わせて準備することができなくなりますし、場所や方向がわからなくなって迷子になったりします。

理解判断力も低下して、考えるのが遅くなったり、2つ以上のことがうまく処理できなくなったり、いつもと少し違うことが起こると混乱してしまう。観念的なことと現実的なことが結びつかなくなるということが起こります。

実行機能障害はいろいろなことを計画を立てて行う事が難しくなることです。このようなしょうがいのためにその場の状況が読めなくなり、その場に応じた感情表現ができなくなってしまい、突然怒り出すと周囲の人に思わせるような感情表現をしてしまうことがあります。

これらの症状を中核症状と呼びます。この中核症状が原因となり、不安や焦り、うつ状態、幻覚、妄想、徘徊、興奮、暴力、不潔行為などの行動・心理症状が起こります。今までできていたことができなくなったり、物忘れなど認知機能の低下を自覚して、元気、やる気がなくなり、うつ状態になったりしますが、そんなときは周囲の人の対応が大切なのだそうです。失敗したときに、叱られたりとがめられたりばかりだと、ますます元気がなくなりますし、そのことが症状を悪化させることにも繋がるそうです。逆にそういう本人の状態を理解し、大丈夫だよと受けとめてあげると、症状の進行が穏やかになったり、改善したりすることもあるようです。

また、大切な物をどこにしまったのかを忘れてしまい、盗まれたと思い込んで、家族を疑うこともおこり、介護している人をはじめ周囲の人を疲弊させてしまうこともあります。こんな時は、介護している家族にも支援が必要になってきます。

いずれにしても、認知症についての正しい知識をもつことが大切です。そして本人を受けとめ、穏やかな気持ちで過ごせるような支援が必要ですし、それを行うためにも介護者である家族の負担を軽減する支援も必要になってきます。