園のこだわり

2011年 8月

2011年8月31日

あかちゃんを含め、子どもってどんな存在なのでしょう。小さくて、弱くて、助けてあげないと何もできない存在。大人という完成形に向かって発達の段階を上っている未熟な存在。子どもって、そんなとらえ方をされていることが多いのではないでしょうか。

確かに人間の子どもは生まれてから独り立ちするまでの期間が他の動物に比べてとても長く、小さくて、弱くて、守ってもらわないと生きてゆけません。では、すべてにおいて大人に比べて劣っているのでしょうか。

赤ちゃんについての研究が進み、いろいろなことがわかるようになってきました。

脳にはニューロンという神経単位があり、このニューロンとニューロンの接続部分をシナプスといいます。このシナプスが多いということは、脳内の神経ネットワークのつながりが多いということです。刺激が脳内で信号として伝わる経路が多いということです。人間でこのシナプスが一番多いのは、生後8ヶ月くらいだといわれています。そして、大きくなるに従ってシナプスは減ってくるのだそうです。もし、脳内の神経回路のつながりが多いことイコール脳の機能が高いということであれば、8ヶ月のあかちゃんの脳が一番機能が高いということになります。

実際に赤ちゃんには大人にはない能力があります。例えば、人間の大人には猿の顔の違いを見分ける能力はありませんが、あかちゃんは猿の顔を見分けることができるのです。

今までは、何かを積み重ねて増やしてゆくことが成長だとととらえられていましたが、脳の神経ネットワークに関しては全く逆で、必要のない部分を削る(刈り込む)ことによって成長してゆくということなのです。

これは、人間が生まれたときには様々な環境に適応できる能力を持っていて、自分のおかれた環境で生きてゆくのに必要のない機能は削り取ることで、成長してゆくということなのだと思います。

赤ちゃんはもともと障害物をよける危険回避能力を持っているとします。ハイハイをしていて障害物が目の前に現れたらそれをよけることで、その能力を削り取らずに強化してゆくでしょう。しかし、危ないからと大人が先回りしてその障害物を取り除いてしまったら、赤ちゃんはもともと持っていた危険回避能力を使わなくてすむのでそれを削り取ってしまいます。大人が何でもやったあげることが、かえって赤ちゃんの能力を奪ってしまっているかもしれません。

現代社会において猿の顔を見分ける能力を残す必要はあるとは思いませんが、危険を回避する能力は削り取ってしまわない方が良いのではないでしょうか。

子どもは、論理的に考えたり理路整然と説明したりすることは得意ではありませんが、突拍子もないことやおもしろいことを考えますし、想像力豊かです。逆に大人は様々なことを整理して考えたり、理論づけることはできますが、突拍子もないことを考えたり、想像力という点では子どもにはかないません。もちろん例外はあります。

ですから、一概に子どもが劣っていて大人が優れているとはいえないのです。

子どもが大人の従属物であるかのような考え方がありますが、そうではなく得意分野や役割がちがうだけなのです。決して子どもは大人の従属物ではなく、立派な人格を持った一人の人間です。その視点を常に忘れず、「子どもが今を最もよく生きる」ため、「子どもの最善の利益」のためには何が大切なのかを見つめ続けたいものです。

園の前にいらっしゃる童形六体地蔵尊の脇に札が立っていて、そこにはこう書かれています。

「子どもはみんな仏の子 子どもは天からの預かりもの 子どもは親の心を写す鏡」

子どもは大人の所有物として授かるのではなく、よりよく育つために大人に託された存在なのでしょうね。

2011年8月31日

先日、乳児クラスの部屋にソファがやってきました。

「家で使わなくなったんで、子ども達がくつろいだり、ままごとするのに使ってもらえたら・・」と言って ある担任保育士が持ってきてくれました。

子ども達が喜んだのはもちろんですが、子ども達の動きが変わってきたなぁと担任達で話しています。

というのは、部屋でままごとコーナー、絵本コーナー、体を動かすコーナー(簡単な滑り台)を作っていますが、

‘もっとままごと遊びが発展しないかなぁ・・・  近くに机と椅子がないからかなぁ?’

‘絵本をもっと落ち着いて読んでほしいなぁ・・・  絵本棚の場所を変えてみようか??’

などと 部屋の環境について再度見直しをしていたところだったのです。

それが、部屋にソファ一つ置いただけで子ども達は以前より絵本をよく広げてみるようになり、ままごともソファの前にある机に食べ物のおもちゃを持ってきては落ち着いて楽しむようになってきました。

ソファ一つの存在、部屋の環境のちょっとした変化で子ども達の動き・遊び方が変わってきたのを目の当たりにし、おもしろいなぁと感じました。

 

2011年8月30日

あかちゃんは、胎児の頃から自分で生きてゆくための戦略を立て、身体を動かし、五感を使って周囲の環境と関わり合いながら学習している。胎児からなんて、ちょっと驚きではありませんか?

赤ちゃんが動くということは、まず触覚を使って自分が自分であることを認識し、自分と他を認識することなのだそうです。あかちゃんがお母さんのおなかの中で動くことで自分自身に触り、お母さんのおなかに触って自分と自分以外を感じているということです。触覚は自分が自分であることを認識する最も有効な手段なのだそうです。

胎児の世界は「動けばわかる自分の身体と他者」「動いて作る自分の脳」と小西行郎氏(日本赤ちゃん学会理事長)はおっしゃっていました。

園では毎朝3・4・5歳児と一緒にお参りをしており、その前に子どもたちと少し身体を動かします。そのなかで、やさしく自分自身に触ってみるということをすることがあります。例えば、両手でやさしく自分の顔をなでます。なでる手は顔の感触を、なでられている顔は手を感じます。そこで、自分の顔はここにあると再確認します。当たり前のようですが「自分の顔がここにある」と意識しながら顔を触ることって普段はあまりないと思います。また、顔に触ったときの手の感触に意識を集中する。また逆に顔で触っている手を感じるように意識するようにしています。「自分はここにいる」ということを自分の身体を触ることで再認識してほしい。という理由と、どんな感じがするかに意識を集中してほしいという理由からです。

研修で小西先生のお話を伺って「胎児のころからそんなことをしているんだ」と思いました。

胎児が行っているということは、それが胎児にとって必要だからです。生まれ出てからも少し大きくなっても、子どもがやりたいと思うことを、十分に行うことができるような環境を子どもの周りに整えておいてあげること、それが私たち大人のしなくてはならないことなのだと思います。特に五感をしっかりと使うことができる環境を整えておくことが必要だと思います。

2011年8月30日
電車で登降園している子ども達の帰りの時間が近づいたので保育園の門の所に子ども達が集まってきました。
なんやら雲行きが怪しそう…今にも大粒の雨が降りだしそうです。子ども達も口々に「駅まで降らないかな」「先生、早く行こう!」…
みんなで少し小走りぎみに出発、無事に鞍馬駅に着いた途端に待っていたかのようにザーッと大雨!
「良かったね〜」「間に合ったね」「お母さん、傘持ってきてくれるかなぁ〜」と会話しながら電車に乗り込みました。
すると電車が発車した時にはさっきの大雨がうそのようにやみはじめ、うっすら日差しもさしてきました。ガタンゴトン…電車が鞍馬駅から離れてゆきます。と、向かいの山のすその方にうっすら虹を発見
「あ!虹が見えた」「見えたね〜」「きれいやね〜」
そしたら、
雨があがったよ、お日様がでてきたよ
青い空の向こうには虹がかかったよ〜
子ども達の大好きな歌「虹のむこうに」を誰かが口ずさみ始めたんです。それが隣の子に…また隣の子に…
電車の中でかわいい歌声が響き、一緒に乗って来られた観光客の方々もやさしいまなざしで見てくださってました。
2011年8月29日

今日の夕方一人の男の子に「今日は電車で一緒に帰れるかなー」と言ってみたらいつもは「帰れるでー!!」とか「一緒に電車乗ろ!!」て言ってくれるのですが今日は「どうやろうなー先生いつも早いしなー」といわれてなぜかとても癒されました。明日もう一回同じこと聞いてみようと思います。

2011年8月29日

皆さんは、あかちゃんは何ヶ月から動き始めるか知っていますか?

今年初めに開催された京都市保育士会の研修で講師の先生の最初のことばです。講師は小西行郎氏(日本赤ちゃん学会理事長)です。

正直言ってその質問には???でした。生まれてきたときにはもう動いてる・・・。そう思っていたのです。

「胎児のことですよ。」と言われ、ハッ!としました。「子どもを知るなら胎児のことから知るべきですよ。」先生の声がひびきます。

胎児が動く、いわゆる胎動の始まりは7〜8週頃からだそうです。身体全体を動かす運動から始まり、20週頃までにはほとんどの運動パターンを経験します。それは、あかちゃんが生まれ出たときの準備を自分でしているのだそうです。

いままで胎児は母親に付属するように考えられていました。しかし、最近はあかちゃんの研究が進み、胎児は生まれ出てから生きてゆくための戦略をしっかりと持っていて、その準備のためにお母さんのおなかの中で様々な行動をしていることがわかってきているそうです。そしてこの胎児期からの運動発達を受け継ぎ、新生児も自ら動き、五感を使って周囲との相互作用の中で自ら学習し、発達しているのです。また、生まれたてのあかちゃんも脳の前頭葉を使っていることがわかってきており、これはあかちゃんが自分で考えていることを意味するそうです。

胎児でもそうなのだから、あかちゃんの「自分でやってみる」ということを大切にしてあげてほしい。と講師の先生はおっしゃっていました。

当園では、子どもが主体的に活動することを大切にしています。それは、子どものすることにはすべて意味があり、子どもは自ら発達するために動いていると考えているからです。

冒頭で私がハッ!としたのは、胎児や新生児のことまでは考えていなかったからです。「あかちゃんが自分でやってみるということを大切に!」というくらいですから、当園に在籍している年齢の子どもなら、なおさら「自分でやってみることを大切に!」ではないですか!

あかちゃんは自ら動く、触る、見る、聞くことによって自ら成長している。だから大人はできるだけ邪魔をしないことが大切なのです。

今の保育士にできないこと、それは「動くな!黙って見ていろ!」だそうです。インパクトの強いことばですが、肝に銘じておきたい言葉です。

「しゃべらず(しゃべりすぎず)動かず(動きすぎず)目でとらえる保育士が必要」と先生はおっしゃっていました。まさに私たちが目指している「見守る」ということと同じだと思うのです。

2011年8月29日

年少クラスがオクラを育てています。

ある日の朝、年少クラスの子ども数人が「オクラがとれました」と

給食室にオクラを持ってきてくれました。

10cmほどのオクラが2本。

うーん。何に使おうかなぁ?

悩んだ末、その日のおつゆに入れることにしました。

オクラを切っている時、『このオクラ全員にあたるかな?』と心配になりました。

そして給食の時間が始まりました。すると「あっ!オクラ入ってた!当たりや!」

「オクラ入ってへんかったわ。ハズレや」と子どもたちの声が聞こえてきました。

私の心配は一気に吹っ飛びました。

限られた物の中でも楽しんでいる子どもたち。

その姿に心がうたれました。

2011年8月28日

今年度の初め、保育士たちが花壇を作ろうと話し合って、園庭に小さな花壇ができました。

どんな材料を使って花壇の枠を作るのかいろいろと考えて、一人の保育士が子どもたちが毎日乗っている叡山電鉄の枕木を使うというアイデアを出して「それいいね!」とみんなの意見がまとまりました。

翌日、電車で出勤した保育士が早速運転手さんに枕木のこと話したようで、数日して担当課から電話がありました。

古い枕木を頒布しているので、都合の良い日に取りに来てもらえれば良い。ただし1本100キログラム近い枕木をフェンス越しに積み込まないとならないので、積み込み用クレーンのついたトラックが必要との話しでした。トラックはあってもクレーン付きとなると考えないといけないので、検討して連絡することにして電話を切りました。

どうしようかと考えていたら、再度電話があって、「ゴールデンウイーク明けに持って行きます。何本くらいいりますか。」とのこと。驚いた私は、配達なんてしてもらえないはずなのに良いのかな?と思い、「それは申し訳なのでなんとかトラックを手配します。」というと、「いつもお世話になっている鞍馬山さんのことですから!」とおっしゃってくださいます。確かに電車で通園している園児はいますが、そこまでしていただくのは申し訳ないとも思いました。でも、せっかくのご厚意なので甘えることにしました。

何でも自分でやろうとするのも良いけれども、できないことはあまり無理せず、力を貸してください。とお願いするのも必要なこと。自分にできること、できないことをしっかりとわきまえていて、できないことはできる人に素直に「お願いします」と頼めることが自立しているということ。と言う話しを聞いたのを思い出しました。人のつながりが希薄になってきている今、あえてつながること、助けてもらうときは助けてもらうこと、助けられるときは助けることも必要なのかと思います。

そして、ゴールデンウイーク明けのある日の朝、叡山電鉄の方3人が枕木を届けてくださったのです。男性保育士も手伝って園庭まで運び込んでいただきました。ほんとうにありがたかったです。10本近く運んでくださったので、とりあえず園庭に並べたら、子どもたちは早速ステージに見立てて、その上で歌を歌ったていました。

その日電車で帰る子どもたちに「今日、保育園に来た枕木と同じのが、みんなの乗る電車の線路を支えてるよ。」と保育士が説明すると子どもたちは納得していたそうです。

後日、お寺の管理部の皆さんの力を借りて小さな花壇ができあがり、一人の男性保育士が花を買ってきて一生懸命植えていました。花の元気がなくなったこともありましたが、少し植え足したりして今ではかわいらしい花が元気に咲いています。

一人の保育士がアイデアを出し、それを電車の運転手さんに伝えた別の保育士がいて、叡山電鉄の皆様のご厚意により枕木、それも子どもたちが毎日乗っている電車の枕木が届き、お寺の職員さんの力を借りて花壇ができる。いろいろな人がつながり、力を合わせてできあがった花壇に咲く花はひときわ美しいように思います。

叡山電鉄の皆さん、花壇作りに関わってくださったみなさんありがとうございました。

みんなの力でできた花壇

2011年8月27日

地蔵盆には子どもたちがいろいろなものをいただきます。それは、お地蔵様にお供えしたお下がりとしていただくのですが、子どもたちの好きそうなものをお供えして、こどもたちに配ることが多いようです。ですから、地蔵盆が終わると、たいていお菓子がいっぱいになります。

園の地蔵盆にも保護者やお寺のご信徒はじめ、様々な方からお供え物をいただき、お参りが終わると園児や当日参加した小学生に分けています。園の地蔵盆をご支援頂いている「くらま会」というお寺の外郭団体があり、以前はその会からもお菓子をたくさん頂いていました。お菓子ばかりよりも子どもに合ったおもちゃや保育で使えるものが良いという意見が保育士から出て、数年前から保育士が子どもと遊びたいと思う物を選んで、くらま会様にご協力いただくという形になりました。もちろん一人ひとりの興味にあったものを用意することができると良いのですが、それは無理なので、クラスごとに用意しています。

今年、3歳4歳5歳は、竹でできた水鉄砲、なわとび、お手玉を、0歳1歳2歳には、保育士が手作りをしました。0歳1歳の子どもには、キルティングの布で作ったお弁当箱にフェルト製のおにぎりやおかずが入ったお弁当箱、2歳にはお散歩に持ってゆくことができる布製のポシェットです。子どもたちがお昼寝をしている間や、手の空いた保育士が時間をやりくりして少しずつ作ったようです。当園は園児数が少ないといっても、0歳と1歳が7名2歳が11名ですからかなりの手間です。毎日子どもと生活し、よく見つめているからこそできることなのだと思います。

地蔵盆が終わると子どもたちはいったん家に持って帰り、また園に持ってきて使います。

今から1歳児が布製のお弁当箱で楽しそうに遊んでいる姿が目に浮かびます。

おべんとう持って、どこ行こ?

2歳児のポシェット レンコンを使って子どもたちがスタンピングしました

2011年8月27日

よく私に「ギュッてしよー」と言ってきてくれる男の子がいます。

ギュッてした後のニコッという笑顔に、私はいつも癒されています。