園のこだわり
2021年8月24日

毎年、地蔵盆の前に年長さんが保育園の前にいらっしゃるお地蔵様のお掃除をしてくれます。今年は雨が続き、できないかも?と思っていたのですが、子どもたちのてるてる坊主のおかげで、晴れ間がみえ、行うことができました。

まずは手を合わせてお地蔵様に「洗います」と言ってからタワシや歯ブラシを使って一体一体ゴシゴシ磨いていきます。初めは「虫がいる、クモの巣がある」といろんなことが気になり、なかなか進すまず…。でも、しばらくすると、「ここ白くなってきたかも?」「水が汚くなってきた」と言い始め、「ここはこっちの方が磨きやすいな」とブラシを持ち替えてあらってみたり「歯も耳の中もみがくわ〜」と細かい所も気づいて磨いてくれたり、シャワーをかけたら「目つぶっててや〜」とお地蔵様に声をかけてみたり…とどんどん手に力が入っていき、濡れても平気、汚れても平気で一生懸命、力いっぱい磨いてくれていました。

「いつで終わり?」と聞いてきたお友だちがいたので、「みんながキレイになったって思ったらおしまいかな」って言うと、「う〜ん、まだやな、もうちょっと洗うわ」とまた洗い始めていました。みんなのやる気はすごくて、1時間以上洗ってくれていました。そして最後は洗い終わったことをお地蔵様に伝えるため並んで手を合わせると、なんと!子どもたちから般若心経を唱え始めたんです!職員は何も言ってないのに般若心経を全て子どもたちで唱えきり、鈴を鳴らすのも口で「チ〜ン」と言って表して、「ありがとうございました。」と言って終了していました。

これには保育士もビックリ!!子どもたちの中でなにか動くものがあったんでしょうね。
そして、終わったあとの笑顔もステキでした。

ゆりぐみさん、ありがとう!

2021年8月5日

このところ、セミの抜け殻をたくさん見つけるようになり、子どもたちのセミ探しとセミの抜け殻集めが始まりました。
虫かごいっぱいにセミの抜け殻を集め、嬉しそうに見せる子どもたち。

そんなある日の夕方…男の子たちが「せんせ~、セミの抜け殻〜、まだ中に入ってんねん!」と持ってきました。ちょうど土から出てきた時に子どもたちは見つけたようです。「ほんまやなぁ。それこれから出てきはるし、木につけといてあげよっか。」と話をすると「うん!」と柿の木の葉っぱのところにつけに行ったんです。

そしてしばらくすると…「せんせ~!背中割れてきた〜」と教えてくれて、「でてくる〜!」と大興奮!そうなんです!さっきのセミが羽化し始めたんです!!子どもたちは興味津々で台を持ってきて台に登り、じーっと観察が始まりましました。

セミが見えてくると、でてくる!でてくる!とドキドキしながら、子どもも、保育士も、迎えに来られた保護者も、みんな目が話せません!もうちょっと!これですぐ飛ぶのかな?とみんなは、いつかいつかと待っていました。

残念ながら最後まで見ることはできなかったのですが、次の日、登園してきた子どもたちは、昨日のセミ、どうなった?とすぐに見に行っていました。

貴重な体験ができました。

セミのぬけがら!多すぎる!

2021年5月29日

今年もお寺にある小さな池に、モリアオガエルの卵を見に行きました。毎年のように見せてもらっている子どもたちは今年も興味津々!池に落ちそうなくらいに池をのぞきこんでおたまじゃくしを探していましたよ。

「おたまじゃくしいた~。手が生えてる~」と子どもたち。「ほんまに~?」と先生たち。子どもたちがみつけたのは…アカハライモリでした。残念~。おたまじゃくしが産まれるのはこれからですもんね。

そして、水が出てくる竹の中にはモリアオガエルもいて、子どもたちはしっかり見つけていましたよ。

貴重な卵は七個ほどあり、年長が育てたいと言っているので、園にひとつもらって帰ってきました。
これから毎日観察していこうと思います。

2021年5月5日

5月5日は子どもの日。昨年は自粛期間中で園児も少なく、おうちの人と一緒にお家で作ってくださいとお願いした鯉のぽり製作。

今年は保育園でスタンピングをしたり、染め紙をしたり、子どもたちが色々とおしゃべりしながら嬉しそうに作る姿を見ることができました。保護者の方たちも、やっぱり園で作るのがいいですね。と声をかけてくださったり、子どもたちが作ったことをお迎えにきたお母さんたちに嬉しそうに話ながら見せている姿も見ることができて、やっぱりこの姿がいいなぁと思う瞬間でした。

これからも子どもたちがすくすく元気に育っていってくれますように…。そして、みんなが安心して過ごせる日がきますように…。

2021年4月1日

今日から令和3年度がスタート!

進級式ではピカピカの新しい名札を園長先生からもらい、もとっても嬉しそうな子どもたち!
進級したことがとても嬉しく、何をするにもやる!わかった~!とおおはりきりで積極的にしていましたよ!お兄ちゃんお姉ちゃんになるパワーってすごいですね!

今年度も子どもたちのやってみたい!おもしろい!楽しい!ふしぎ!なんでやろう?と思うの気持ちや、友だちや先生など仲間がいる喜びをたくさん感じ、「今日も楽しかった😄」と思えるように環境を整え職員一同頑張っていきます!

どうぞよろしくお願い致します。

2021年3月12日

今年度最後のおべんとうデー。

今年度は公共交通機関を使って園外保育には行くことができなくて残念でした。さらに、今回は雨が降ってしまい、園周辺の散歩にも行けず残念…。

でも、子どもたちは、お弁当というだけでウキウキです!朝から「リュックおもた~い」と嬉しそうな顔。そうです!大切なお弁当が入ってますもんね。重たくても自分でもつ~!と頑張って持って登園してきていました。

そして、雨でも楽しめないかなぁと2、3、4歳児は部屋を暗くして映画館のようにして大きいスクリーンで映画鑑賞をし、0、1歳児は園内をリュックサックを持ってお散歩です。そしてそして、待ちに待ったお弁当の時間!!!子どもたちはやったぁ!!と大喜びです😆

「一緒に食べよ~」と声を掛け合ってシートを並べて、「なにがはいってる?いっしょや~、おいしそ~」と声もはずみ、嬉しそうにお話ししながら食べて、おいしかった~!と大喜びでした😄

雨は雨なりの楽しみ方がありますよね。
お弁当の用意、ありがとうございました。

2021年2月10日

毎日瓶をゆすって混ぜていた ゆずシロッブ。

お湯で割って飲んでみることにしました。シロップとお湯をクツクツ煮て出来上りなのですが、早く飲みたいお友だちは、クツクツ煮ている間からお鍋のまわりから離れずじっと見ています。まだかなぁと見つめ続ける顔が並び待ち遠しさごよくわかります。
「飲めるよ!」という声がかかるとコップを持ってくることの早いこと!あっという間に行列ができていました。

一人の男の子が「温かいのが飲みたい」と言ったので、「温かいのがいいか」、「温かくなくてもいいか」を選んでもらいました。温かいのがいいお友だちは、温かくなるまで待ちます。まだ?まだ?と何度も聞いてみますが「もうちょっと待って」と先生からの答え。まだかなぁと首をなが~く待つ子どもたち。それでも温かいのがいいからとじっと待っています。そして、温かくなったのをもらい、フーフーしながら飲み、「おいしー☺」ととっても嬉しそう!
友だちと顔を見あわせ「美味しいね」言っている姿がたくさん見られましたよ。

さらに「おかわりはある?」とおかわりもすぐに行列になり、いっぱい作ったゆずシロップもあっという間に完売でした~。

美味しかったね!

2021年2月3日

いよいよ、今日は節分!豆まきの日です!

朝から「今日はドキドキする~。」と言いながら登園する子どもたち。中には「おにさん、3人くるんやで!」と予想をして登園してきたお友だちも…。

少し遊んだ後、豆まきの時間がやってきました。なぜ豆まきをするのか?の話を聞いたあと、年長さんがオニ役をして、広告紙を使って自分で作った豆で豆まき~。
年長のオニさんには「おには~そと~、ふくは~うち~」とニコニコ笑顔です。「おにだぞ~」と言いながら嬉しそうでした。

そして、絵本を読んでもらった後、マスを持っていよいよです!
ドン!ドン!と戸を叩く音がして、オニさんが入ってきました!!
怖くなって後ろにさがってくるお友だち…。
でも、「頑張れ!」と先生たちが応援!!
すると少しずつ前に進んで豆を投げようと、子どもたちも勇気をふりしぼって頑張ります!!
一度豆を投げることができると、どんどん自分からオニさんの近くに行って豆を投げていきます!
怖い…と思いながらも、心の中のオニを追い払うように、泣かずに頑張って豆を投げる子どもたち。とてもたくましかったです。
そして、みんなの心の中のオニさんはやっつけられたようなので、お山に帰ると言ってオニさんは帰っていきました。

今年も無病息災、元気に過ごせますように…。

2021年1月31日

節分の豆まきの日が近づき、今年もオニさんからの手紙が届きました!
例年、鬼からの手紙には「いくからまってろよ!」と書いてあるのですが今年は少し違います。
「みんなで一緒に良くないことをやっつける為に豆まきの練習をしとけよ!」と書いてあります。子どもたちはこの手紙を読み、どうするかを年長を中心に考えました。
豆まきの練習はどうするか?
ゆりぐみ(年長)がオニ役をして、みんなが投げる練習をする?
じゃあゆりぐみは?投げる練習しないの?豆は?どうする?
など…

結果、ゆり、ひまわりぐみ(年長、年中)が交代でオニ役をしたら、豆をまく練習がてきる。
豆は新聞紙をまるめて練習用を作ることになり、マスも作って準備をして、次の日に練習することになりました。

そして、次の日、練習なのですが朝からちょっとドキドキしてるお友だちもいます。ゆりぐみはオニ役をすることにやる気十分!みんなは頑張って豆をなげるぞー!と気合い十分に練習?をしていました~!
さぁ、2月2日節分当日は練習の成果?が見られるでしょうか。

2021年1月22日

子どもたちが、毎日「どうなったかな?」と確認していたみかんの皮がうまく乾いてくれました!
なので…
今日は待ちに待ってたみかんの足湯をする日です!!

年長の子どもたちがタライを洗う。バケツでお湯を運んでお湯をはる。マットを敷いてイスを並べる。などなど準備を開始~!
すると、ほかのクラスの子どもたちが集まってきました。

みんなに「今日みかんの足湯をするよ!」と伝えていたので興味津々で集まってきます。「どうなるんやろ?」とじーっと見つめる2歳児の姿はとてもかわいかったですよ!

準備ができたので、袋に入れたみかんの皮をお湯に投入。ふわーっと、みかんの香りが立ちます。
さぁ、みんなの足も入れてみます。

先ずは準備をしてくれた年長が足をつけてみます。「うわ~!気持ちいい~!」「みかんのいいにお~い!」と、と~っても嬉しい顔が並んでいます。
そして「みんなもいいよ!入り~!」と年長から声がかかり、みんなも待ってました~!と靴を脱いで足をつけてみます。「めっちゃ気持ちいい!」と嬉しそうな顔がどんどん増えていき、中には「せんせ~!あしゆさいこー!」と叫んでいる女の子もいました。

どこのタライも大盛況となり、園庭はみかんのいい香りと子どもたちの笑顔でいっぱいとなりました。
「みかんの皮でこんなこともできるんやなぁ」と考えるよい体験になったと思います。

バックナンバー

採用情報
園長ブログ
地域の皆様へ
たのしくいただきます