園のこだわり
2020年2月19日

保育園の畑にきんかんの木があり、今年もたくさんの実をつけました。子どもたちは大喜びで、「きんかん食べたい!」とすぐに集まってきます。
今年は先生たちが美味しく食べられるように、ビニールをかぶせて寒さ対策もしてくれたので、大きくて甘い実がたくさんできています!

皮は甘くて中は酸っぱいきんかん。子どもたちはしっかり味を確めながら少しずつかじりながら食べて、種も上手に出しています。「これ埋めたら、出てくるかな?」と園庭や畑に種をまいていますよ。

この時期の香りと味覚を楽しんでいます!

2020年2月15日

作品展には1年間の作品や絵画を飾るだけでなく、全クラスで1つのテーマにそって作った物を飾る、協同制作のコーナーもあります。
毎年年長さんが中心になってテーマを決めて作るのですが、今年は獅子舞でした。ここ数年、1月に獅子舞が園にやってきます。その印象が強かったのか「獅子舞を作りたい!」と年長さんからの話ががあり、決まりました。まずは年長さんだけで1つ作り、「何組さんにはこれを作ってもらおう!」や「こんなん作って欲しい。」と色々と案を年長さんたちが出してくれて、みんなに伝えてくれます。

他の年齢の子どもたちも年長さんが作っている姿を見ているので、「私たちもしてみたいたいなぁ。」という気持ちが湧いてきました。そして2歳から5歳までが集り、どうして作るかを話し合います。年長の子どもたちが色々案をみんなに提案してくれたので、大きな獅子舞と小さい獅子舞を作る2つのグループに分かれてつくることに決まりました。

まずは自分がどちらを作りたいか決めます。2歳も「おっきいの作りたい!」など、しっかり自分のやりたいことを伝えてくれていましたよ!そしてグループごとに具体的にどうしてつくるかを話し合います。そして決まればいよいよ作り始めます。「自分はこれを作るんだ!」という思いがあるのでみんなやる気充分!!次はこれ!とどんどん作っていき、獅子舞になっていくとさらに嬉しくてニコニコ顔がどんどん増えていきましたよ。

1歳児さんは獅子舞が食べるミカンを作ってくれました。そして3日間で出来上がり、最後は年長さんが展示する場所まで運んでくれました。作品展の日も「私はここを作った!」と自分の作った部分をお話してくれていましたね。

みんなで協力して1つの物を作る経験になったと思います。

2020年2月10日

1年間子どもたちが作った作品や絵画を飾り、みなさんに見てもらう作品展。この日は子どもたちはお家の人たちと一緒にきてもらい、一緒にお話をしながら見てもらうようにしています。子どもたちは自分の作品を見てほしくて、「みてみて、これ作ったよ!」とその時のことなどをたくさん話しながら嬉しそうです。そのキラキラお話する姿は私たちから見ていてもとても嬉しくなります。そんな時間を大切にしてもらいたいなと思っています。

作品は年齢に関係なく春夏秋冬の順番に、絵画は年齢順に飾っていますので1年間の子どもたちの成長もわかり、「こんなことできるようになったんや。」「大きくなったらこんなことできるようになるんや。」と保護者の方たちも色々と感じてくださっているようです。

私たち保育士も毎日少しずつ飾っていく時に、「この時こんなことあったなぁ」や「これ子どもたちすごく遊んだな。」などなど1年を振り返る機会にもなります。そして、保育がどうだったのかを保育士同士話す機会にもなっています。

今年も子どもたちは嬉しそうにお家の人たちと見に来てくれていました。
保護者の皆さま、お忙しい中ありがとうございました。


2020年2月8日

2月3日は節分。保育園でも豆まきをしますが、子どもたちはドキドキの日!
そうです!オニさんがくるからです。

何日か前にオニさんからの手紙が届き、「オニさん遊びにくるって~」「友だちとケンカするときもあるわ。」などなど手紙の内容で話は盛り上がります。でも鬼が怖い日だけにはしたくなく、みんなの毎日を振り返りながら、ちょっと自分の中の弱い心と向き合えるような時間になれたらいいなという職員の思いがあります。そんな思いを込めて手紙を書いています。(もちろん子どもたちには保育士が書いてることは内緒ですよ!)そして、いよいよ3日当日。全クラスが2階に集り、豆まきがスタートです。

初めはみんなで豆まきの歌を唄ったあと、年長さんがオニ役になり豆まきごっこです!ここまでは和やかな雰囲気で笑顔の子どもたちです。そして次になぜ豆まきをするのかなどの由来の話を聞いて、いよいよオニさんの登場!手紙の内容をもう一度みんなで読んで、こんな気持ちちょっとない?ある?と話をすると「うん、ある」と素直に言うお友だちも。その気持ちをみんなで豆まきをしてやっつけよう!と合言葉を言ってみることに。

初めはやはりドキドキして小さな声のみんな。でも少しずつ大きくなり、さぁ!オニさんがやってきました!しっかり豆を持って準備していたのに、やはりオニさんを見ると初めは投げることを忘れてしまうお友だちが多かったのでどうなるかなと思いましたが、少し声をかけると「おにはそと!」と元気よく豆をなげているお友だちが多かったです。泣きながらもしっかり投げられたお友だちもいましたよ。最後は年長さんがもう一度合言葉を言ってオニさんはお山に帰っていきました。「怖かった」「怖かったけど泣かなかったよ」「オニさんの藁が落ちてる~」「黒オニさんやったなぁ」などなど終わった後もしばらくはオニさんの話で持ちきりです。

少し頑張ろうと思ったらみんなは何でもできるんだよ。みんなしっかりオニさんと向き合うことができてかっこ良かったよ!

2020年1月10日

雨上がりの日のお散歩では「かにさんいるかなぁ?」と水が流れる溝をのぞき込んでいる子どもたち。雨上がりなので水もよく流れています。

今日もそんな風に溝をのぞきこんでいると、「ジャンプ台や!」と石に当たって水が流れる様子を子どもたちが発見しました。「ほんまや!」とちょっとおもしろそうに見はじめて、葉っぱを流したらどうなるか?と実験し始めました。

初めは流すだけ、だったのが、自分たちでジャンプ台を作ってみたり、水の流れる道を作ってみたり、ドングリや葉っぱ、何かの実を見つけて流してみて、どれが流れやすいか、どこまで行くか、と自分たちで色々と発見しながら遊んでいました。

小さい石がいいのか、どう置いたら水がはねるのか、と色々試してみて、発見して、発見したことをお友だちや先生たちに伝えあったり、「~ちゃんすごい!」と言ってもらったり。とても楽しいお散歩となりました。ほんとは本殿まで行って遊ぶ予定でしたが、時間がなくなり本殿では遊べなかったですが、雨上がりならではの散歩が楽しめたかなと思います。大人に教えてもらうのではなく、自ら考えて発見していく、それがやはり大切な時間ですね。

DSC_0677

DSC_0678

2019年12月25日

12月に入っても暖かい日が続き、子どもたちは元気いっぱい園庭で遊んでいます。そして、クリスマスを前に子どもたちも「サンタさんくるかな?」「プレゼントもらえるかな?」「~のおもちゃお願いした!」とクリスマスの話をたくさんしていました。

そこで、テラスの窓を少しクリスマス風にしようと園庭遊びの時に保育士が大きな窓に絵を描き始めました。すると、「何やってるの?」と興味を持った子どもたちがやってきました。「クリスマスの絵を描いてるの。」と答えると、「一緒に描きたい!」と言ったので「いいよ!一緒に描こう。」となり、数人の子どもたちとお絵かきタイムが始まりました。最初は保育士が描いたツリーに飾り付けを描いていたのですが次第に描きたいものがでてきたようでサンタさんやプレゼント、雪だるまなど、どんどん子どもたちの世界が広がってどんどん描いていく子どもたち。そして、描いてる姿を見て、興味を持った1歳から5歳までの子どもたちが何やってるの?と集まってきて、描き始め、何人もの子どもたちにより窓一面にステキな絵が出来上がりました。

メリークリスマス!って描いて!とリクエストがあったり、サンタさんがきてくれるようにと思いながら描いていたので、「たくさんのご飯を描いたらきてくれるかも?」とご飯の絵を描いたり、子どもたちなりに考えたことを絵に表現していく姿がとても面白かったです。最後は大人は見てるだけで子どもたちだけで黙々と描いていました。

楽しそう!と思って、いろんな年齢の子どもたちが集まって、好きなように表現する。それを認めてもらい、楽しかった、面白かった。と思える経験はとてもいいですよね。そこから描くことって楽しい!と思えることに繋がっていけたらなと思います。
クリスマスまで、そのまま飾りたいと思います。子どもたちの願いはサンタさんに届くかなぁ~。


2019年11月19日

このあいだ、お寺の本殿まで行った時もどんぐりを見つけて、ポケットに集めていた子どもたち。

階段横の溝にどんぐりを転がしはじめました。1つ転がしてみると、コロコロスピードよく転がっていくのがおもしろかったようで、上と下で、転がす人、受けとる人に別れて何度も転がしています。

1つだったどんぐりもだんだん増えて、何個も集めてから一気に転がすことをしてみたり、溝の上に足を広げてたって、トンネルを作ってトンネルの下を転がしてみたり…トンネルも細いトンネルは通れるか?と広げた足をつぼめてみたり一人だったのが三人が連なってトンネルにしてみたり色々考えて工夫して遊んでいました。

そして受け取っていた子どもたちはそのままポケットヘ…。なので帰りにはパンパンに膨らんだポケットになっていました。

楽しいことをしていると時間がたつのはあっという間!帰る時間になると、「あ~!たのしかった!」と言っていた子どもたちです。

どんぐり1つで色々な遊びができるってステキですよね。この時期ならではの遊びを充分に楽しんでもらいたいと思います。

2019年11月18日

初めはどんぐりを集めるのが楽しかった子どもたちもたくさん集まるとそれを使って遊ぶようになってきました。

砂場や園庭にあるお家の中でごっこ遊びを楽しんでいるお友だちは、砂で型抜きをして作ったケーキの飾りとして使ったり、どんぐりスープを作ったりそれぞれ思い思いの物を作って保育士の所まで持ってきてくれます。

他にも粘土でどんぐりケーキを作りたい!と言って粘土を持ってきて作っているお友だちも!とっても美味しそうなケーキができていました。
子どもたちの発想力はすごいです!

     ケーキができました

2019年11月17日

秋になると子どもたちの大好きなどんぐり拾いが始まります!園のまわりにもどんぐりの木があり、毎日たくさん拾って集めています。

初めはどんぐりを見つけて嬉しそうにポケットに入れているのですが、毎日拾っていくうちにもっと集めたくなり、カップ、ペットボトルと容器が日に日に大きくなっていき、今では容器いっぱいに集めたどんぐりが下駄箱に並んでいますよ!

園庭にでると、「どんぐり拾いに行きたい!」と集める容器を持って保育士を呼びに来て、園の前のお地蔵様のまわりでどんぐり拾いを毎日のように楽しむ子どもたちです。
そしてお地蔵様にどんぐりをお供えしてくれるお友だちもいますよ!優しい気持ちが嬉しくなりますね。

そして、その集めたどんぐりを使っていろんな遊びが展開されています!

2019年1月16日

日々、子どもたちからたくさんのことを教わります。

保育園でよく見かける子ども同士のケンカ。

どうしてケンカになったのか子どもたちの話を聞くと

「ぼくは〇〇してほしくなかった」  「あの子に××されたから仕返ししてん」

「わたしは△△してあげたのに、あの子は〇〇してくれへんかった」

「あの子ばっかりずるい」  「ほんまはぼくが悪いってわかってるねん」  と自分の気持ちを素直に話してくれます。

どれもこれも大人になった私でも抱くことのある感情ですが、相手に面と向かって伝えることはなかなか出来ません。

かと言って、思っていることを全て伝えてしまうとケンカになったり、敬遠されてしまう可能性もあります。

そう考えると、自分の気持ちを相手に面と向かってストレートに伝えることが出来る子どもたちはとても素敵だと思います。

楽しい気持ち、悲しい気持ち、悔しい気持ち、羨む気持ち、反省している気持ち、認めてほしい気持ち。

人にはたくさんの気持ちがあります。相手の気持ちに寄り添うことと同じくらい、自分の気持ちを丁寧に伝えることを大切にしていきたいな、と思いました。